ハワイ航空券をお得にゲットするために・・・ANAマイラー始めます!まずはANA VISAワイドゴールドカード申込。

投稿者:
ここ3年ほどデルタマイルを利用してハワイに行っておりましたが、最低必要マイル数の改悪や日にちによって(いや同じ日でもフライト時間によって!)数万マイル以上も必要マイルが違ってくる分かりにくさに嫌気がさし、ANAマイラーに戻ることにしました!ただ、以前はただひたすらクレジットカードを使うだけの地道なマイル貯金をしていましたが、今後はマイルをお得に貯める方法を勉強してから貯めたいと思いまして・・・

2017年の1月でデルタアメックスの更新が来るので、年会費が引かれる前に、2017年以降のハワイ旅行を少しでもお得にいけるよう、貯めるマイルをデルタのままにするのか、他のエアラインに変更した方がいいのか、ちょっと考えようと思っていました。

しばらく考えた結果、デルタの前に貯めていたANAマイルに戻すことにしました。

デルタもね、私がデルタアメックスを作った頃は、全然良かったんですよね。

2014年の1月に入会し、その年のハワイはまだビジネスクラスが取れるほどは溜まっていなかったので、普通に夫婦2席買って行きました。2014年の終わりには二人とも最低マイルの時ならビジネスクラスでハワイに行けるマイルが溜まっていたので、2015年夏ハワイの予約しようとしたんですね。でも、最低マイルで取れる席が1席しか空いてなくて、2席目はもっとたくさんマイルが必要だったので、とりあえず私だけ特典券で取り、オットの分は有償チケットを取りました。

その時の記録です。

【私の特典券】

85,000マイル+5290円(税金)

【オットの有料チケット】

運賃:   180,000円
サーチャージ:28000円
米国税金:  4040円
米国動植物検疫使用料:580円
米国移民帰化局手数料:810円
米国税関審査料:640円
日本における旅客手数料:2090円
日本における旅客保安サービス料:520円
September11 セキュリティサーチャージ:650円
旅客施設使用料:520円

—————————————————
合計 217,850円

翌年はオットのマイルの残高がそこそこあったので、オットの分をマイルで取ろうと思ったのですが、それがね、この翌年2016年ハワイになると、最低必要マイル数も、有償チケットの料金もすごく上がっていて、希望日程の必要マイルは、なんと、145,000マイルだったんです!!

日にちをずらして、例えば平日の真ん中あたりの出発で、滞在期間を1週間以上、みたいな日程にすると、最低マイルの10万マイルで取れるチケットがあるんだけど、(金)(土)(日)出発で、滞在期間4泊とか5泊の日程だと、ぐーんと必要マイルが上がって・・・最初の希望日だと16万マイルも必要だったのです!なので、諦めて、第2希望の出発にしたけれど・・・こんな日にちが限られちゃうと本当使いづらい(怒)

14万マイル以上ともなると、一人のマイルの残高じゃ足りないから、「トランスファーマイル」をして、私のマイル35000分をオットへ移行したんです。

【トランスファーマイルにかかる手数料】

・1マイル当たり0.01ドル
・1回の移行につき、手数料30ドル
・1回の移行につき3万マイルまでしか移行できないのでそれ以上だと
数回分の手数料がかかる。
・年間にトランスファー出来るマイルに上限があります。

で、実際にかかった手数料は・・・

○トランスファー35,000マイル⇒350ドル
○手数料x2回分⇒60ドル  合計410ドル

なので、1ドル125円計算で51,250円也~。

まあでも、約25万円のチケットを、5万円ちょっと+税金(5470円でした)で買えたからまあいいとしても。。。

私の有償のチケットは、こちらも何気に値上がりしていて・・・(><)税金諸々込みで248,390円でしたーーー。2015年と比べると3万円アップ。

ということで、飛行機は2人分で、特典券の手数料と私のチケット代合計305,110円

1人分にすると152,555円に。まあ、普通にビジネスクラスの有償チケット買うより10万円弱安いからいいのだけど。(実際には、この後に同日なんですがフライト時間を変更したら、3万マイル戻ってきたので、実際に必要だったマイルは11万マイルだったんですけどねー。でもそれならトランスファーマイルする必要がなかったので、手数料損した。)

せっかくマイルを貯めても、必要マイル数も増えているし、最低マイルで取れる日も限られてくるし、しかもこの間ちょこっと見たら、今年2017年に行くとしたらやっぱり最低マイルで取れる日にちがすごく少ないし、2015年のように10万マイル以下だなんて到底夢のまた夢。。。の世界になってしまったんです。

これじゃ、貯めても貯めてても使えない、ってことで、デルタはやめることに決定!特典券争奪戦はあるものの、必要マイル数が日によっては10万マイルも上がっちゃうようなワケのわからないことにならないANAの方が使いやすいかなーってことで、ANAに戻すことにしました。

ANAなら、万一ハワイで取れなくても、国内旅行で消費すればいいし。

で、ANAにするなら、以前使っていたANA AMEXを申し込もうと思ったのですが、せっかくだからちゃんと着実にマイルを貯める方法を調べようと思って、マイラーで有名な方々のブログをちょこちょこ見せていただいたところ・・・同じANAカードでも、マイルが溜まる還元率って色々あるみたいで。。。

ANAアメックスは陸マイルで貯めるには普通に1%しか溜まらないのだけど、還元額の良さで一番オススメされているカードが、三井住友カードの「ANA VISA/Master  ワイドゴールドカード」。ただ、これも裏技が必要で、リボ払いにするとか、ポイントサイトを利用するとか、さらにもう一枚、ソラチカカードというクレジットカードを間に挟むとか、色々と勉強が必要なのだけど、そういう技を駆使すると、マイル還元率が最大1.71%になるんですって〜。

そんなにうまくいくかわからないけど、とりあえずやってみよーってことで、12/18にネットでANA VISAワイドゴールドカード申し込みをしたんです。

この申し込みの段階で、私、一瞬手が止まりました・・・。3年ぶりのクレカ申し込み。そうだ、クレカの申し込みって、勤続年数を書く欄があるんじゃーん!

タイミング悪く、私は今の会社に正社員として入社したのが11月。つまり、勤続年数1ヶ月です(笑)

平カードならともかく、ゴールドカードなので1ヶ月でも大丈夫なのかな?とちょっと心配しつつ、ネットで毎日のように審査状況を確認していたのですが、一向に状況が「ただいま入会手続き中です。審査結果についてはメールでご案内します。不合格の場合は郵送でのご案内となります。」という内容のメッセージが10日以上出たままで一向に変わらないんですね。。。

私、今までクレジットカードの申し込みって大抵数日で審査に通って1週間後にはカードを手にしているケースが多かったので、あ〜やっぱり勤続1ヶ月じゃ世間的には信用されないのかなぁ。。。と不合格を覚悟していたところ、やっと12月27日の夕方にメールで審査合格のお知らせが届きました!同時に、ネットの審査状況も以下のように変更になっていました。

img_0274

前職では勤続17年だったので、クレジットカードの申し込みで合否を気にすることなんてなかったのですが、今回初めてドキドキしましたよ〜。

今までのクレジットヒストリーを考えたら、否決される要素は全くないので、勤続年数でダメだったら本当もうどうにもならないわ〜と諦めるしかなかったし、そうなったらせっかくANAマイラーとして頑張ろう!という決意もハナから崩されることになってしまってたので、とりあえずスタートラインに立ててよかった〜。

この後、上に書いた「ソラチカカード」というのも申請しないといけません。同じ時期に2枚申し込みするのは審査上良くないらしいのでANA VISAワイドゴールドカードの合否が分かるまで申し込みを控えていたのです。

こちらはゴールドじゃなくてもいいので、多分こんなに申請に時間がかからないと思うのですが、またそちらの申し込みも頑張ってやらなきゃー!

スポサードリンク