デルタチケットの料金が予約時より安くなっていた・・・電話したら返金してもらえました

スポンサーリンク

2018年ハワイ夏旅の計画を始動し、デルタ航空のチケットを予約したことを前記事で書きました。その時に買ったチケット代金より、今のチケット代金の方が安かったらどうしますか?知っている方もいらっしゃると思いますが、知らない方も多いと思うので、こんな時どうするか書いておきたいと思います。

偶然知ってしまった、今のチケット代金

前回の記事で、2018年夏ハワイのデルタ航空のチケットを予約したことを書きました。

それから2ヶ月・・・ふと気になって、今買うとチケットいくらかな~と見なきゃいいのに、見てしまったんですね。

 

ちなみに、2月に購入したときのチケット料金

航空券代:200,000円

税金・諸費用:21,380円
—————————–
合計    221,380円

 

それがですね、4/5時点、デルタHPで同日の同フライトのチケット代金が、211,380円と出ていたのです!

 

今買う方が1万円も安いじゃないですか・・・・・・!

 

こちらの方が早く予約したのに、後から予約した人のほうが得するなんて、なんか納得いかないですよね・・・??

 

実は4年前にも同じことがあった

そこで、早速デルタに電話してみました。

実は、4年前にも同様のことがあったんです。

その時は、自分たちが予約をした数ヵ月後に、デルタのキャンペーンのお知らせがメールで来まして、航空券が5%割引になるよ、という内容だったんです。それならそのキャンペーンで予約しなおしたいと思い、デルタのコールセンターに電話。だけど、キャンペーン価格は、決められた期間内の予約時に適用されるので、今の予約を一旦キャンセルし、新たに予約しないといけない、その場合、キャンセル手数料が5万円くらいかかる、ということで、トータルで見てキャンセル手数料のほうが高くかかってしまうので、キャンペーン料金は諦めました。

だけど、その時にHPで出ていたチケット料金が、自分たちが予約した時より18,000円も安くなっていたので、そこはちょっと引き下がれない!と思って、聞いてみたのです。そうしたら、「そちらに関しては、差額分のご返金が可能です」という、うれしい言葉が!そのまま電話上で手続きをして頂き、18,000円が戻ってくることになりました。

ラッキーーー♪♪

今回はできませんと言われるが・・・

ですので、今回も自分たちが払った料金と現在の料金の差額1万円は、戻ってくると思って、なかなか繋がらないコールセンターですから最低10分は待たされるのを覚悟で電話したんです。実際に、10分近く待たされました(汗)

やっと繋がり、経緯を説明し、差額を返金して頂きたいのですが、とご相談したところ「チケットの料金はご購入いただいた時の金額で確定しておりますので、ご返金は出来かねます」という、思いもよらぬお返事。

え、え、え??何で???

唖然とし、そこで引き下がったら10分の電話代が無駄になる!!と思って食い下がる私(笑)

「数年前に同じことがあって、その時は返金していただけたんです。どうしてその時はOKで、今は駄目なのでしょう??」とやんわりと、あくまでも最初はやんわりと(笑)

そうしたら「さようですか。。。念のため確認してまいります」ということで、更に数分待たされました。もし駄目って言われたら、今回は1万円だし、すでに長電話の電話代で1000円くらい行ってしまいそうだし、面倒だから諦めようかな・・・なんて思っていたのですが、電話口に戻ってきた担当者から「すみません、確認したところご返金可能でした」とのこと!!

とりあえず、最初は諦めずに、一度は食い下がるべきですね(笑)

無事、差額をクレジットカードへ返金して頂ける事になりました!

担当者によって言うことが違うので注意

ここで、前回返金時に起こったことと、今回の件を足して、注意事項をまとめますね。

航空券差額返金の際の注意点
  • 前回は、「返金は可能ですが、一度新たに現在の料金で航空券をご購入頂き、後日、最初に買った分の全額をクレジットカードに返金します」と言われました。その時、手元にクレジットカードがなかったので、折り返し電話をすることになり、次に出た別の担当者に経緯を説明したところ、「それは、新たに買い直して頂く必要はなく、差額分だけこちらからお客様のクレジットカードにリファンドいたします」とのこと!もし最初に手元にクレジットカードがあったら、危うく20数万円のチケットをわざわざ買いなおす羽目になっていました・・・。担当者の知識がバラバラなので、要注意です。
  • 今回も、最初は「返金できません」と言われましたが、実際はできました。もし最初の担当者にNoと言われても「出来るはずなので、担当部署に確認してみてください」と依頼しましょう。
  • 返金は、クレジットカードへのリファンドのため、2-3ヵ月後のカード明細をよく確認しましょう。
  • 返金に伴い、Eチケットが新しくなります。新たに発行されたEチケット番号の書かれたメールがすぐに届きますので、最初のEチケットは破棄し、新しい方を持って空港へ行きましょう。

色々と書いてきましたが、もしかしたら旅の達人の方にとっては当たり前の知識かもしれません。一方で、デルタの担当者でさえも、出来るとか出来ないとか対応がバラバラで、意外に出来ることが知られていないレアな情報なのかも・・・と思い、書かせて頂きました。

他の航空会社はわかりませんが、少なくとも、デルタに関しては、自分が予約した料金より、後から検索した料金のほうが安い場合、最初に購入したチケットの種類にもよるかもしれませんが、差額を返してもらえる可能性が高いと思います。

コールセンターは待たされますし、携帯電話からかける場合は(私の場合は安いガラケーのプランなので尚更ですが)電話代だけで1000円を超えてしまうくらい待たされるかもしれません。それでも、戻ってくる差額が大きければ、待たされたり電話代をかける価値はあると思いますので、デルタで早めにチケットを買われた方は、出発までの間にちょくちょく現在の料金をチェックすることをお勧めいたします!

スポンサーリンク

ハワイのレンタカー予約は、各社の比較が出来て変更キャンセルもOKなこちらのサイトが便利♪

❤︎ハワイへの航空券を探す❤︎


タイトルとURLをコピーしました