ハワイの観光再開はいつ?副知事は7月再開を希望する一方、再開を急がないとする意見も。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が家は8月後半出発の東京⇄ホノルル行きの航空券を予約済。

そして、ハワイ島のコンドミニアムもairbnbで既に予約済み。

 

そんな我が家にとって、そろそろ「今年の夏のハワイは行けるのか?行けないのか」の問題が切実なものとなってきました。

 

なので、毎日のように、ハワイの現地動向を現地のニュースや情報サイト、SNSの投稿などで見るようにしていますが、今日見つけたこちらの記事に注目しました!

ハワイの副知事が7月までに観光再開を希望?

Hawaii News Now

Lt. Gov. Josh Green hopes to reopen Hawaii’s tourism industry by July

(ハワイのグリーン副知事が7月までにハワイの観光の再開を希望している)

By Chelsea Davis | May 25, 2020 at 11:02 PM HST – Updated May 26 at 4:49 AM

 

 

ざっと(Google翻訳に入れて)読んでみたのですが概要は以下の通りです。

——————————————–

 

・州内での新型コロナウィルス新規感染者が2日間連続で0人だった

 

・それを受けて、一部からはハワイの観光業再開を切望する声が上がっている。

 

・ただし、ホテルの従業員は、職場が安全であることを確認するまで戻ることはないと述べている。

 

・一方で、モアナサーフライダーのフロントデスクワーカー、シーキンス氏は、「雇用主が連絡してくれば、もっと再開の準備ができるだろう」と言っている。

 

・UNITE HERE Local 5組合は、労働者をウィルスから守ための防護用具の準備とその使い方に関するトレーニングを要求した上で、誰もが確実に仕事を取り戻すことを望んでいる。

 

・上述のシーキンス氏は、「全員が仕事を取り戻せる保証があるとは思えない。僕も7年ここで働いているが、まだ序列の下の方にいる。だから自分がフルタイムの仕事を長期で取り戻せるかどうかは疑わしい。」と述べている。

 

・組合の財務責任者のギルは、「業界内から感染者が出るかもしれない、そしてそれは私たちの産業に打撃を与える可能性がある。だから、業界全体で高い水準の安全基準を採用する必要がある。低い安全基準はハワイでは受け入れられないだろう。」と言う。

 

・このようにホテルの組合が新しいセーフガードを求めている中で、グリーン副知事は、ハワイが7月までに観光産業を再開できると考えている。

 

・グリーン氏は、すべての乗客にハワイ到着前にCOVID-19の抗体検査を義務付ける可能性が高いとしている。

 

・また彼は、日本、ニュージーランド、オーストラリアからの旅行者が最初にハワイへの入国を許可されるべきであると言っている。

 

・なぜならコロナウィルスの感染率が低く、さらに日本はすべての旅行者の20%を占めるが、経済活動の点においては30%をも占めるからだと言う。

 

・一方で観光再開を急ぐ人もいればそうでない人もいる。ワイキキ在住のワット氏の言葉・・・「私たちの経済が観光に大きく依存していることは知っている。でも、観光を再開する時には、その後に何が起こるかについて注意しておかなければならない。コロナはまだ近くに存在しているのだから。」

6月より「中程度リスク」に分類される経済活動の再開を承認(ハワイ島)

グリーン副知事が望むように、7月からのハワイの観光再開は現実的なのでしょうか?

 

こちらのHawaii News Nowの記事によると、ハワイ島では6/1から「中程度リスク」のビジネスの再開が承認されたようです。

 

承認された経済活動は、レストラン、教会での対面式の礼拝、家庭教師やパーソナルトレーニングなどの1対1のサービスなど。

 

また、美容院や理髪店の営業なども再開を許可されましたが、いずれのビジネスもイゲ知事が発表した社会的戦略等のガイドラインに沿って営業を行うよう要請されているので、オペレーションは結構大変なものになるのかなぁ?と想像します。(高度な公衆衛生の取り組み、ソーシャルディスタンシング、フェイスカバーの使用など。)

 

こうなると、これは地元の人たちのためのビジネス再開であって、まだまだ観光の再開には程遠いように感じますね。

ハワイ入国後の14日間の自主隔離は6/30まで延期中

現在ハワイでは、ハワイへの渡航者(離島間移動含む)に対して、14日間の自主隔離措置を取っています。

 

これは元々は5/31までの実施の予定が、5/18にイゲ州知事の決定で6/30までに延長されました。

 

これを見ると、この先また7月末までに延期になってしまうのか・・・それとも7月からは14日の隔離なく入国してすぐハワイの街を歩けるようになるのか。イゲ知事の今後の発表から目が離せません。

まとめ

以上のことを鑑みると、今、ハワイは観光を早く再開したいと言う考えの人たちと、「まだ早い」と言う人たちに分かれているように思えます。

 

グリーン副知事の希望通り、7月の観光再開が現実的なものになるのかどうかは、まずローカルの人たち向けのビジネスが少しずつ再開し、6月のコロナウィルスの感染状況を確かめたり、仕事に戻る観光従事者の人たちの安全をどうやて確保するか、そのガイドラインの目処が立ってから・・・と言う流れになるのかなぁ?と思います。

 

そうなると、1ヶ月ちょっとでそこまで体勢が整うのか?微妙なところですが、私のフライトは8月後半。どうにかそこまでには事態が良い方に急変してくれないかなぁ、という望みを捨てずに、7月初めくらいまではこのまま様子を見ていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました