ハワイ旅行

たまにはいつもと違うハワイ♪ラグジャリーハワイステイを極めたい時のハワイプランの進め方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

たまにしか行けないハワイ旅行。忘れられない思い出になるような素敵な滞在が出来たらいいですね。既に何度もハワイに行っているリピーターの方でも、たまにはいつもと違う滞在をしてみようかと思うこともあるかと思います。私もハワイは多くても年に一度しかいけないので、普段出来ないことをしたり、できる範囲で贅沢に過ごしたりなど、特別な時間を過ごすための準備を入念に行っています。そこで今回は、私的「ラグジュアリーな時間を過ごすためのハワイ」をコンセプトにしたハワイプランの進め方をご紹介したいと思います。

まずは飛行機を快適に過ごすためにすること

私は、実は飛行機移動があまり得意ではありません。高所&閉所恐怖症のため、大好きな旅行も飛行機に乗る数日前からちょっと緊張し少し憂鬱になってしまいます(汗)毎回せっかく大好きなハワイへ行くのに、この「緊張と憂鬱」を味わわなくてはならず、心の底から100%ハワイを楽しみに思えないことにちょっと勿体なさを感じています。

そこで、なるべくこの緊張を払拭し、旅の前のワクワク感をUPさせるために、「飛行機は怖いものじゃなくて私たちを楽しい楽園に連れて行ってくれる魔法の乗り物なんだよ〜」と自分に思い込ませるため、以下のような準備を進めます。

  • 搭乗クラスはビジネスクラスを予約する(ハワイ以外の、短い移動時間で行ける海外や国内旅行の場合は、非常口前の足元の広い席を予約して、なるべく自分に圧迫感を感じさせないようにする)
  • 座席は口コミや旅ブログを読み込んで、自分にとってより快適な機種&座席を指定するようにする。(例えば、以前デルタ航空を利用していた時は、ジャンボ機で運行するフライトを選び、座席は2階席のプライベート感を味わえる静かなエリアを指定していました。)
  • 機内で見れる映画を事前に調べて、見たい映画をいくつかピックアップしておく。
  • 機内食の事前予約をしておく(特にデルタの行きの和食は人気で、予約をしておかずにありつけなかった人の口コミを読んだので。。。)
  • 空港では、ハシゴできる航空会社ラウンジやラウンジ軽食などの情報を集めたり、空港の免税店で買うコスメなどをリストアップしたり、(見るだけなら大好きな)飛行機がよく見える展望台でどんな飛行機が見れるかなどを調べたりと、空港という非日常の空間をとことん楽しむための準備をする。
  • 米系航空会社の機内は寒いので、快適に過ごせるように余分な防寒着(ストールなど)を持ち込むようにする。(実際に、ビジネスクラスの厚めのブランケットでさえ寒くて風邪を引きそうな時があったので注意。)
エコノミークラスでも短距離路線なら足元広々の非常口前シートを指定すれば快適
機内でより快適に過ごすために、食べたい機内食があれば事前にインターネットで予約を。

ざっとこのような準備や心構えをしながら、【緊張・憂鬱< 旅の楽しみ・高揚感】という気持ちに持っていけるようにします。そうすると、空港や飛行機内で過ごす時間が楽しみになり、「せっかく乗るんだから一瞬一瞬を楽しんでやろう〜!」と言う前向きな気持ちで臨めるようになります(笑)

 

だけど、いくらラグジュアリーハワイがコンセプトだとしても、ビジネスクラスなんてそうそう毎回は・・・と思う方も多いはず。我が家も同じです。ですが、私は日々の支払いをできる限りクレジットカードに集約したり、ポイントサイトを活用して(いわゆる「ポイ活」)マイルを貯めていますので、夫婦でハワイに行くようになってからは7回連続でビジネスクラスを利用しています。

 

それでも確かに、毎回2人分の席をマイルで取ることは難しいですが、一人分だけマイルで取れれば実質半額でビジネスクラスに乗れるようなものですから、毎回どちらか1人だけでも特典航空券でビジネスクラスが取れればとても助かりますね。

 

マイルの貯め方については、また別記事で書きたいと思いますが、庶民の我が家でもこのようにポイント活動をしながら効果的にマイルを貯めてビジネスクラスでハワイに行けますので、ぜひポイントサイトはうまく活用することをオススメします。

 

 

❤︎2020年ハワイは夫婦2人でファーストクラスを実現❤︎

  マイルが貯まるハピタスの登録はこちらから↓

   その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ラグジュアリーがコンセプトならホテルにもこだわりたい

飛行機を押さえたら、次はホテルです。私は、年に一度のハワイではとことん非日常を味わいたいので、ホテルは少し背伸びをしてハレクラニをメインにチョイスしています。一度、ハレクラニの前に2泊だけノースショアのコテージにステイした時もありましたが、それもそれでまた、のんびりとした「何もしない究極の贅沢」を楽しめました。

ノースショアのコテージ滞在中、夕方はビーチに座ってただゆっくりとサンセットを眺める贅沢
お部屋は2ベッドルームで広々で贅沢な空間。

 

人によって何に非日常やラグジュアリーを感じるのかは違ってくると思います。また、同じ人でも、その時の気分や状況によって求めるものも違ってきますよね。ちなみに私は、以前はハレクラニに泊まりさえすればラグジュアリー気分を味わうのに十分でしたが、最近はちょっと求めることが違ってきています。いわゆる「暮らすように過ごすハワイ」が本当の意味でラグジュアリーなのではないかと、コンドミニアムで自炊などをしながらのステイに魅力を感じるようになってきています。

 

そういう2面のポイントから、来年に長期でハワイに滞在するとしたら、その両方を楽しめればなぁ、と思っています。そんな条件下で私の中で魅力に思っているホテルはこんな感じです♡

ハレクラニ まずは何はともあれ、やっぱりハレクラニ。ホテルを移動しすぎると落ち着いた滞在ができないのは分かっているものの、2週間の滞在であれば出来れば数日はハレクラニに帰りたいと希望してます。
リッツカールトンレジデンシズワイキキ オンザビーチでないのがネックですが、スタンダードなお部屋でも小さなキッチンがついているのが長めの滞在には超魅力。
イリカイ(コンドミニアム) ルームナンバーによって景色やインテリア、諸条件が違いますが、アラモアナとワイキキどちらにもアクセスが良く、キッチン付きの広めな充実したお部屋が基本なので自分の好みや条件に合うお部屋を探すのが楽しい。
アストンワイコロアコロニーヴィラ(ハワイ島) 2週間の滞在のため、前半で初の離島(ハワイ島)を体験予定。やはり期間が長いためコンドミニアムステイをしてみたく、同じ敷地内に大型ホテルがホテルもあるこちらのヴィラが便利そうで気になっています。

コンドミニアムのお部屋で、滞在日程が長い場合、早めに予約しないと連日で取れるお部屋がなくなって来る場合があると思います。それぞれの宿泊先の情報を収集して、早めに泊まるところを確定すると良いと思います。

旅といえば「食♡」。絶対に行きたいお店は事前に予約を。日本にいながらWEBで簡単予約が出来ちゃうサイトもオススメ。

次にアレンジするのは、「食べたいもの!」を食べるためのお店の予約です。

特に、高級なお店になるほど事前の予約は必須ですし、人気なお店は滞在中予約でいっぱいだった・・・なんてならないためにも、早めに予約したいですよね。

私のオススメはここ最近のハワイで一番美味しいと思ったハレクラニのラメール。去年、2度目のラメールに行ったのですが、最初に行った時よりもお味が向上したなぁと感じました。もちろん、雰囲気も抜群。波の音、プールサイドで演奏されるハワイアンミュージックやフラを楽しみながら頂くお料理は最高です。ラグジュアリーな雰囲気も満点なので、何か特別なお祝いをしたい滞在ではラメールが一番オススメです。フラの見える席は限られているので、早めの予約で事前リクエストがベター。

ラメールの予約は、まだ明るさが残る時間帯からのスタートがオススメ。
最後はワイキキの夜景も楽しみながら。。。

それからもう一つのオススメが同じくハレクラニのオーキッズで頂くアフタヌーンティー。ダイヤモンドヘッドを眺める素晴らしい景色はもちろんのこと、スコーンやそれにつけて頂くレモンカード、そしてリッチなんだけど軽やかなデボンシャークリームが本当においしんです。さすがハレクラニのアフタヌーンティー。本当はハレクラニのアフタヌーンティーといえば、中庭を眺めるロケーションの「ベランダ」で頂くのが正統派なのですが、私はオーシャンフロントの景色が素晴らしいオーキッズで頂く方が断然好きです。

スコーンにつけて頂くこの三点セットがたまりません。
オーシャンフロント、ダイヤモンドヘッドを眺めながらのアフタヌーンティーは私的には世界最高のロケーション。

このように、絶対に行きたいレストラン、外せないお店を事前に決めて予約をしておきます。その他の食事は、結構その時の気分次第で済ませてしまうことが多いのですけどね。

ちなみに、海外のレストランを予約する時は、ホテルのコンシェルジュにお願いしたり、そのレストランの予約サイトやOPEN TABLEがあればWEBで予約することが多いです。年会費の高いクレジットカードを保有されている方は、クレジットカード会社経由でもレストランの予約をしてもらえると思います。が、そんなカードを持っていなかったり、レストランの予約ページがなかったり、ホテルのコンシェルジュに日本語の電話やメールが通じない時もありますよね。

 

そのような時は、世界各国のレストランを全て日本語で予約できます【グルヤク】 を頼るのもありです。このサイト、最初に登録が必要ですが、ハワイならレストラン380店舗以上の予約がWEB一つで出来ちゃいます。ホテルのコンシェルジュに頼むのもメールや電話をする手間が面倒。お店に直接電話をするのも英語の心配が・・・。でも確実にテーブルを予約しておきたい。窓側などの席のリクエストも出したい。そんな時に超便利なこの予約サイトは、まっぷるやことりっぷを出版する旅行ガイドブックの昭文社が運営する公式サービスなので安心です。もちろん、予約は全て日本語でOK。

 

予約手数料はかかりますが、先日私は WEBで予約のできない台湾のレストランに予約を入れた時に、直接電話を入れました。携帯電話しか持っていないので、割高なその電話料金だけで500〜600円ほどかかってしまったのです。それを考えると、ウェブで気楽に完結するこのサイトに手数料を払って予約をした方が便利だったかな〜と思いました。

 

ちなみに先に書いた私のおすすめレストランオーキッズ ラメール も、このグルヤクで予約が可能ですよ。

 

 

他にも、海外オペレーターがレストランを代行予約「たびらく」など、少しの手数料で細かいリクエストもお店に伝えてレストランを手配してもらえるサービスもありますので、上手に使ってみるのもいいかもしれません。

また、現地オプショナルツアー会社を通じて、ラメールやオーキッズなどの高級レストランを予約することも可能です。この場合、事前に支払う料金にチップが含まれていることも多く、現地では支払いの手間や心配を省けるのが楽ちんですね。

現地ツアーを賢く利用して個人旅でもアクティビティーを満喫しよう

最後に手配をするのは、現地発のツアーです。最初の頃は、ハワイではショッピング→食べて→ホテルで過ごすの繰り返して、アクティビティにはほとんど興味がありませんでした。

7度目のハワイにして初めて「現地でこれが絶対やりたい!」というものが出てきました。それは・・・有吉さんのハワイ番組で見た「セグウェイ」!あのいつも皮肉な感じのイメージの有吉さんが、セグウェに乗ってる時は子供みたいな笑顔で無邪気にはしゃいでいるのを見て、よほど楽しんだなぁ、と思って(笑)

そうとなったら、現地のツアー会社をググって、すぐにセグウェイツアーを探して予約。

このセグウェイが、めちゃくちゃ楽しくて、やってよかったなぁ、と心から思いました。

真っ青な海に向かって滑走!最高に気持ち良い!
一般道も走るのでスリル満点

いつもと一味違ったハワイを満喫するなら、現地オプショナルツアーの利用、あり!と実感した体験でした。


ラグジュアリーを極めるなら思い切って専門家に手配を全てお願いする方法も

いかがでしたか?これまで、私なりの「ラグジュアリーな時間を過ごすためのハワイ」をコンセプトにしたハワイプランの進め方をご紹介してきました。

 

まとめると、私の場合は【飛行機→ホテル→レストラン→現地ツアー】の順で手配を進めることが多いです。ただ、こうして見ると1つ1つ自分の手で手配をしていくのって、事前の調べ物時間を含めると意外に時間も手間もかかって面倒そうだなぁ、と思われた方もいらっしゃるはず。

 

そうなのです、私は旅行の準備や下調べは基本好きだし得意な方なのですが、そうでない方、好きだけど時間がない方もいらっしゃいますよね。それに、私も最近年のせいか、あんなに好きだった旅行のプランを立てている時間が、若干しんどく思う時もあるのですよね。。。(老眼でパソコンやスマホがよく読めなくなってきたせいもあると思います^^;)

 

あとありがちなのが、手配するものが多過ぎて、1つ1つのツアーを自分で探して最終的にどこで予約したのか、または予約しようとしてたのか、がわからなくなってくるパターン。

 

そんな時は、ぜーんぶまとめて専門家にお任せ位ちゃうのもありかと思っています。今までは、ツアー会社にお願いすると中間マージンを取られて高くつくと言うイメージがありましたが、実は考え方によっては逆で、専門家にお願いすると、ホテルを自分で手配するより、希望の部屋のリクエストが通ったり、アップグレードが確約されるケースもあるみたいです。

 

例えば、こちらのハワイ旅行ならファーストワイズ などは、ハワイに特化した旅行会社なのでいろいろと安心して相談できそうです。これからのハワイは、人に任せられるところは任せて手配にかける時間も短縮できるようになりたいと思います。

 

最後に・・・次回のハワイは、ハワイ島に行きたいので、究極の贅沢体験、マウナケアでサンセットと星空を見たいなあと思っています。若干高山病とかが心配なのですが・・・また今後の記事で来年のハワイ旅行手配についてもお伝えしていければと思っています。

スポンサーリンク
シェアする
hulaをフォローする
ハワイとマイルとポイ活を愛する私の旅情報
タイトルとURLをコピーしました