ハワイでWi-Fiレンタルのオススメは?お得でサクサクつながるWi-Fiが借りられるのはどこ?

皆さんは海外旅行に行く際に、Wi-Fiをレンタルしますか?今は大手携帯会社も海外でのパケットし放題プランがありますが、1日2000円〜3000円と割高のため私は携帯会社のプランを使用したことはありません。でも、いざ初めてレンタルWi-Fiを借りようとすると、世の中にはたくさんの海外用レンタルWi-Fi業者があり、どこがお得なのか混乱してしまいますよね。実際、どこで借りるのが一番いいのでしょうか?今回はハワイに絞ってオススメのレンタルWi-Fiを探してみたいと思います。

海外レンタルWi-Fi業者を選ぶ際のポイントは?

私は、ちょっと前までは海外でWi-Fiをレンタルするという習慣はありませんでした。インターネットはホテルの部屋や街中のフリーWi-Fiが繋がるところだけで使えばとりあえず間に合っていましたから。(ただし、ハワイは意外にフリーWi-Fiが繋がるところがないような気がします。Tギャラリアは比較的繋がりましたが、ロイヤルハワイアンセンターは理由は不明ですが「今日はもう使えません」的なメッセージが出てきて繋がらなかったり。アラモアナセンターもなぜか繋がったり繋がらなかったり不安定だった記憶があります。スタバやマックでも使えるようですがわざわざWi-Fi目的に行くのも面倒ですしね。)

 

 

今は、日本でスマホが手放せない生活になってしまってしまい、やはり海外でも常時ネットに繋がらないと不安に感じるようになりました。更にはカーナビ代わりにスマホのマップアプリを使うようになってからは、ハワイで毎回レンタカーを借りる私にはレンタルWi-Fiは必須アイテムです。

 

 

さて。いざ借りようとすると、世の中にはたくさん海外のレンタルWi-Fi業者があり、どこがお得なのか混乱してしまいますよね。だけど、何度か海外でWi-Fiをレンタルしていると、結局私のような「普通に海外でインターネットが繋がればいい」と言う、通信に関してよほどのこだわりのない人であれば、Wi-Fiを借りる際に注意すべきポイントはこの4つくらいでいいのではないかな?と思います。

 

  • 価格
  • 予約のシンプルさ
  • 受け取り・返却のスムーズさ
  • 現地での使いやすさ

 

海外レンタルWi-Fiについてとても細かに説明してくれているサイトもありますが、正直私は面倒なことが苦手なのと、説明を読んでも難しいことは理解できないことも多く・・・とりあえず上記のポイントをクリアしていればOKくらいの気持ちで選んでいます。

 

 

 

価格は、もちろん安い方が嬉しいよね。ただ安くても使える容量が少ないと結局現地で通信制限がかかって不便を感じることになるから、安いだけっていうのは注意しないと。

予約のシンプルさも大切よね。ウェブで簡単に見積もりが出来て、プランが分かりやすく明朗じゃないと予約で手間取っていやだわ。

宅配で受け取りや返却が出来るのは便利だけど、送料が高かったりするから、できれば送料無料か、自分が使う空港で受け取りが出来る業者がベターね。返却は空港の専用ポストに落とすだけっていうのが楽でいいな。

あとは何と言っても現地での繋がりやすさね。設定とかも簡単じゃないと、私でもちゃんと使えるか不安だわ。

オススメWi-Fiレンタル会社比較

上記のポイントを抑えた上で、私がいつも比較しているのは次のWi-Fiレンタル会社です♪

 

 

 

定価料金

(1日)

空港受取/返却

現地での

使いやすさ

キャンペーン/

割引料金

Global Wi-Fi

600MB 1470円

1.1GB  1670円

国内18空港

※受渡手数料500円、返却ボックスへの返却無料

満足度高いコメント多し。スマホをカーナビとして利用した際も速度に問題なかった。

早割

600MB 1270円

1.1GB  1470円

イモトのWiFi

500MB 1580円

1GB   1880円

成田、羽田、関空、新千歳、福岡、中部

※受渡手数料500円、返却ボックスへの返却無料

ハワイでは概ね問題なく使っている人が多いよう。

500MB 790円

1GB  940円

jetwi

500MB 1280円

1GB    1580円

全国10空港 

※空港カウンター受取の場合0円、返却パック650円

速度、繋がるエリア等、問題なかったコメント多し。

500MB 680円

1GB  1280円

ALOHA DATA

700MB 780円

無制限 930円

成田、羽田、中部、関西。他の空港利用の場合も、宅配送料が往復無料 ストレスやイライラすることなく使えたと言う意見多し。 早割10%オフ、その他季節のキャンペーンで20%オフなど
Wi-Ho!

500MB 1050円

1GB    1250円

 成田、羽田、新千歳、中部、関西、松山、福岡

※返却ボックスへの返却無料

安くて繋がりもよく大満足の声も多く、全体的に評価が高い。

500MB 840円

1GB  875円

※各社、キャンペーンや割引で空港での受取手数料が0円になる場合があります。

※各社、キャンペーンや割引料金を提供しているので定価の半額以下になることも。

※各社、盗難紛失破損の補償プランや予備バッテリーが必要な場合は1日あたり追加料金が必要です。

 

 

大体、評判も問題なく、常にキャンペーンや各種割引で安く借りられて、自分が使う空港で受け取り・返却が可能なレンタル会社と言うところで、この中で検索して安いところを選ぶことが多いです。(と言っても、大抵Global Wi-Fiのことが多くなります。)

 

 

料金プランは容量によって違って来ますが、じゃあ自分は一体どのくらい使うの?なんて行く前から分かりませんよね。。。これは長くなるので、また別記事でまとめたいと思います。


❤︎ハワイで使うWi-Fiを探す❤︎

ハワイでレンタルしたWi-Fiを使う手順は?

出発前

 

海外でスマートフォンを使う場合、まず第一の前提として日本からの回線をうっかり使わないようにしっかり出発前に設定しておくことが必要です。これを忘れてしまうと、海外での利用分で高額な請求を受けることになるかもしれません。

 

 

とはいえ、私も毎回「で、どうしておけば良いんだっけ?」と不安になってしまうのですが、これだけやっておけば大丈夫!と言う重要ポイントは2つだけ。

 

 

「①ローミング設定をオフに設定」「②機内モードに設定」

 

だけです。例えばiPhoneの場合は、以下の簡単なステップで完了します。

 

 

 

 ① データローミングをオフにする 

「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「データローミング」の右横にあるスライドボタンが白くなるように設定します。

 

 

 ② 機内モードをオンに設定する 

「設定」→「機内モード」の右横にあるスライドボタンがグリーンになるように設定します。この設定で、海外で知らない内に勝手に通信をして高額請求をされる恐れがあるもの(モバイル通信、Appのバックグラウンド更新、Wi-Fiアシスト機能など)をシャットアウトできるので、海外での高額請求の心配がなくなります。

 

 

現地到着後

次に、借りたWi-Fiを設定する方法ですが、こちらは海外に到着してからの設定です。やることは簡単な数ステップです。

 

 

①Wi-Fi端末の電源と、iPhoneのWi-Fi設定をオンにする

②下に羅列される「ネットワークを選択」の欄から、Wi-Fi端末や借りた時の明細などに記載されているSSIDを選択する。

③Wi-Fiレンタル時に知らされたパスワードを入力し、「接続」を押す。(パスワードはWi-Fi端末に記載されていることが多い)

 

 

これで、接続が完了します。最初は難しいと感じますが、やってしまえば簡単ですね。

 

 

ここまでくれば、あとはハワイでも日本にいる時と同じようにスマートフォンが使えるようになります。こういう設定に疎い私でも簡単に出来ますので、ぜひ参考にして下さいね。

 


❤︎ファーストクラスでハワイを実現するなら登録必須❤︎

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

 

タイトルとURLをコピーしました