スポンサーリンク
HULA

フラで使うウリウリを失敗なく買う方法 選び方のコツ

スポンサーリンク

この記事では、私がフラを習い始めて初めてウリウリを買った時に経験した「失敗談」を元に、ウリウリを失敗なく買う方法をお伝えしたいと思います。

これからウリウリを買う予定がある方は、

 

  • ウリウリの選び方
  • サイズの違い
  • 値段の相場
  • 購入時に気を付ける点

 

などのご参考になればと思います。

スポンサーリンク

ウリウリを初めて買った時の失敗談・・・サイズも色も全然違った!

フラダンスを始めて確か3年目くらいの時に、初めて憧れのウリウリを使った曲を踊らせて頂けることになりました。

この時、私以外のクラスメイトは全員ウリウリ保有者でした。

みんなは以前発表会で使う機会があった時に、まとめて先生が取り寄せたものを使っていたのです。

その時は私の分を1つだけ手配して頂くのも申し訳ないな、と思い先生にご相談したところ、

 

「ではどこか近くのショップで買って来てください。サイズはMサイズの一体型です」

 

というこの簡単なご指示だけで、初めてのウリウリ探しを1人きりですることになりました。

正直、どんなウリウリがオススメなのかも全くわからないまま、市内のフラ用品やハワイアン雑貨のお店をいくつか見て回りましたが、想像以上にお高いことに悩んだ末、最終的にネットショップで探すことにしたのです。

某大手通販サイトをいくつかサーフィンしてみると、ウリウリを扱っているショップ自体はいくつかありましたが、フラのクラスメイトから聞いていた購入価格より少しお高めだったので、やっぱりどれを買っていいか迷い、なかなか購入したいショップが見つかりません。

ちなみに、仲間が買っていたウリウリは大体15,000~16,000円ほどだったと聞いていました。

 

やっと見つけたウリウリが届いて大ショック!!

そんな中、やっと某ネットショップで見つけたウリウリを通販で購入決意。

 

チェックMサイズ
チェック 一体型
チェック みんなが買ったウリウリとほぼ同じ価格

 

と、先生からのご指示を満たすウリウリを通販サイトのショップでやっとオーダーしてホッとしていたのですが・・・。

待ちに待ったウリウリがショップから届いてまさかの大ショックを受けたのです。

 

チェック第一に、羽の色がクラスメイトのウリウリと全く違う!通常は少しえんじ色がかった赤色なのですが、届いたウリウリの羽は鮮やかな安っぽい赤でした。
チェック 次に、なんと言ってもサイズが明らかに小さい!
チェック 第三に、マラカス部分から出る音が小さく、どんなに強く振ってもみんなのウリウリの1/3くらいの音しか出ない!

 

届いた箱を開けてあまりにショックだったのですが、この時まだフラの教室でウリウリを使う曲が始まっておらず、それから3ヶ月ほど教室へ持って行く機会がなかったので、そのままにしてしまったのです。

 

そしていよいよウリウリを使う曲が始まることになり、買ったウリウリを教室へ持って行く時がやって来ました。みんなに見せた瞬間、「何これ?小さいじゃない!音も小さいし、羽の色もちょっと違うわね」と、先生やらクラスメイトやらに散々ダメ出しを食らう始末に。

それも仕方ありません。みんなが持っている通常のウリウリと比較すると、その違いが一目瞭然でしたから。

 

右:ネットショップで買った失敗品のウリウリ
左:後日ハワイで購入してきた通常のウリウリ

FullSizeRender

 

写真で比較すると違いは一目瞭然!明らかに、右側の通販で買ったウリウリは本当にMサイズなのだろうか?と疑わしくなるくらい小さいですし、羽の色も鮮やか過ぎます。

本当は返品したかったのですが、購入してからすでに3ヶ月経ってしまっており、買ってから間が空いてしまって返品する気力も無くなってしまったので、このまま使い続けることにしたのでした。

 

結局発表会で使うため買い直すことに・・・

しかしながら、このウリウリで練習をしていると、やはり音が全然出ないので気分が上がりません。例えると、みんなのウリウリのマラカス部分には小豆が入っているような音、私のウリウリには米粒が入っているような音、という感じです。

それに、やはり小さい分軽いので、たまにクラスメイトのを借りて踊ると、重さの感覚が違い過ぎて上手く適応できないのです。

このままこの小さいウリウリに慣れてしまうと後々よろしくないのではないか・・・?練習だからこそちゃんとしたウリウリを使わなくてはならないのではないか?という思いが日々つのるばかり・・・。

そんな中、いよいよ発表会で私もウリウリを使うことが決まりました。そして、それを機に、通販サイトで購入したウリウリはもったいないけれどもうお蔵入りさせることにしました。

この時幸いにもたまたまハワイへ行く機会があったので、現地で自分の目でしっかり見て、きちんとしたウリウリを購入してくることを決意したのです!

 

そしてこれがハワイで買ってきた納得のウリウリ!

FullSizeRender のコピー

※ついでにプイリとレイも買ってきました♪

 

これが、私がフラを習い始めてから、初めてウリウリを買った時に見舞われた悲しくも悔しいエピソードです。

フラって、習い始めてから、色々と買わなくてはならないグッズが出てきますよね。

ドレスやレイ、パウスカート、ヘアクリップやウリウリ、プイリ、イプなどなど。。。みんなでまとめて買えるタミングなら問題ないのですが、後から1人だけ買うことになった場合はどこかで同じものを買わないといけないですよね。

と、いざとなるとどこで買ったらいいのか、意外に迷うのです。

かと言って、フラ用品を買いたい時にいつもタイミングよくハワイに行くチャンスが巡ってくるとは限りません。

そこで、日本にいながら、失敗なしで通販サイトでウリウリを購入するコツをまとめたいと思います。

ウリウリの種類とサイズについて

ウリウリは、マラカスのように振って音を出したりして使う、フラの代表的な打楽器です。

今回私は一体型と言って、羽の部分とマラカスが一体化しているものを買いましたが、羽部分とマラカス部分が取り外せる「脱着型・セパレート型・分離型」もあります。

見た目は一体型も脱着型も遠くから見ていると区別がつきませんが、私が通っていた教室では一体型を使用していました。一人だけ、間違えて脱着型を買ってしまった人がいましたが、毎回レッスンや発表会の時に脱着するのが面倒そうでしたので、一体型の方が便利だと思います。

セパレート型はこんな感じ↓で、羽部分とマラカス部分が分離可能です。持ち運びや保管には便利かもしれませんが、レッスンの度に脱着するのが面倒です。

ウリウリのサイズはS、M、Lと通常3種類あり、通常であればMサイズを使うことが多いと思います。

大体のサイズは以下のようになっていますが、天然素材を使っているので、全く同じサイズということはありません。サイズには多少の個体差がありますので、可能であれば自分の目で確かめて、納得のいくサイズの個体を買うことをオススメします。


【羽部分の直径】
Sサイズ:23cm~26cm(子供でも使えるサイズ)
Mサイズ:26cm~30cm(一般的な大人用の大きさ)
Lサイズ:30cm~33cm(特大サイズ)


個体差があるとは言え、私の失敗談にあるように、明かにMサイズなのかどうか疑わしいくらいの小さいものが送られてくることもあります。あまりにもおかしい場合は、上記の直径を目安に寸法を測ってみて、購入店に問い合わせてみることをオススメします。

ウリウリの値段の相場について

私がハワイで購入してきたMサイズ一体型のウリウリは、日本円にして1万円くらいだったと記憶しています。

これが日本のショップで買うと、Sサイズで15,000円〜、Mサイズだと2万円を超えてくるのが相場です。

それを考えると、私が失敗して買ってしまった小さなMサイズのウリウリは、16,000円くらいだったので、もしかしたらSサイズだったのかもしれません。お店がわの表記ミスだったのか・・・今となっては分かりませんが、もしあまりに安い値段で売っている場合は、相場価格と照らし合わせて、購入前にお店にサイズを問い合わせてみると間違い無いかと思います。

 

\通販サイトでウリウリを探してみる/

ウリウリお手入れ方法

ウリウリは、あまり羽の部分が周りのものに押し付けられたりすると、羽に変な癖がついてしまいます。

なので、保管や持ち運びの際は、なるべくぎゅうぎゅう詰めにしないことをオススメします。

もし万が一、羽が変な形に癖づいてしまった場合は、手で正常な形に癖付しなおしてあげると良いです。

また、保管や持ち運び時に、軽く形を整えて専用ケースに入れておくと、変なくせになることを予防できると思います。

 

 

ウリウリケースは、お裁縫ができる人なら簡単に作れますし、市販のものもたくさん売っていますので、お気に入りをゲットできるとテンション上がりますね。

ウリウリを失敗せずに買う方法 まとめ

私がフラを習い始めて初めてウリウリを買った時に経験した「失敗談」を元に、ウリウリを失敗なく買う方法や選び方のコツをお伝えしました。

これからウリウリを買う予定がある方の、

 

  • ウリウリの選び方
  • サイズの違い
  • 値段の相場
  • 購入時に気を付ける点

 

などのご参考になればと思います。

スポンサーリンク
ハワイとマイルとポイ活を愛する私の旅情報
タイトルとURLをコピーしました