【番外編】ハレクラニ沖縄♡宿泊レポ

国内旅行

ハワイの名門ホテル、ハレクラニが2019年7月に沖縄に進出。オープンして3ヶ月ほどのハレクラニ沖縄にこの度泊まりに行ってきました。宿泊したのはサンセットウィング、クラブラウンジアクセス付きのプレミアクラブオーシャンフロント。フロリレージュのシェフ監修のシルーや、本家ハワイのハレクラニにもあるハウスウィズアウトアキーでのお食事、4箇所のプール、ビーチ遊びや朝ヨガ体験など、盛りだくさんの滞在レポをお届けします。

 

  ハレクラニ沖縄の予約はこちら  

国内ツアー

1. 絶景ロビーは息をのむ美しさ


ハレクラニ沖縄には、大きく分けて2つの棟があります。1つはオーキッドプールやハウスウィズアウトアキーがあり、ビーチにも近いビーチフロントウィング。2つ目はより大人の雰囲気が楽しめるサンセットウィング。(他に、独立した離れの5棟が立つヴィラがあるエリアがあります。)

今回滞在したのは、サンセットウィングの最上階のお部屋。クラブラウンジのアクセスが付いた「プレミアクラブオーシャンフロント」です。

チェックインを行うロビーも二つあり、サンセットウィング宿泊者は車で到着すると正面のゲートでスタッフから左上の坂を上ったところにあるサンセットウィング用のロビーを案内されます。

車寄せでタクシーを降りると、目に飛び込んでくるのはこの絶景!

圧倒されるオーシャンフロントビューです。ピカピカの床に、空と雲が反射しているのも美しい。

ビーチフロントウィングのロビーは、海が遠い(プールエリアの先が海)のと、常に人がたくさんいたイメージがあり、あまり開放的な作りではなく、賑やかな雰囲気がありました。また、ビーチフロントウィングにはお子さん連れのご家族が多かったイメージです。オーキッドプールへのアクセスは断然ビーチフロントウィングの方が良いです。どちらが良いかは人それぞれのお好みかと思います。

ビーチフロントウィングのロビー。

比べて、サンセットウィングのロビーはいつ行ってもあまり人がいませんでしたので、とても静か。10月というシーズンオフの時期だったせいもあるかもしれません。

写真正面のガラスの向こうは、夕方からはバーになってオープンしていました。右奥の廊下の突き当たりに、朝食とディナーが頂ける「シルー」があります。

天井が高く、照明も素敵。

このガラスの奥は、クラブラウンジです。今回はクラブフロアの宿泊でしたので、いつでもあちら側のラウンジへアクセスできるカードキーを頂きました。

クラブフロアの宿泊者は、最初にクラブラウンジへ通され、チェックイン・チェックアウトもそちらで行います。

  ハレクラニ沖縄の予約はこちら  

国内ツアー

2. クラブラウンジは落ち着いた居心地良い贅沢空間


クラブラウンジはこじんまりとしていますが、目の前にどこまでも広がる水平線が見渡せるおかげで、狭さは全く感じません。

ウェルカムドリンクもこちらで頂きました。シークヮーサージュースです。さっぱりして美味しい。

早めのチェクインだったせいか私達以外は誰もいない、ラウンジ貸切りの贅沢なチェックイン。

テラスに出ると、さらに絶景を肌で感じます。下の白いパラソルが見えるところは、オーシャンテラスプールです。

14時になると、こちらのラクラブウンジでアフタヌーンティーが開催され、奥のカウンターに魅惑的なフードがたくさん並びます。更に、17時からはカクテルタイムも!美しいサンセットを眺めながらのカクテルタイムは、リゾートならではの心華やぐ時間です。

チェクイン時にちょうどアフタヌーンティーが始まったので、早速頂くことにしました。

  ハレクラニ沖縄の予約はこちら  

国内ツアー

3. 魅惑のクラブラウンジのアフタヌーンティーは。


今回の旅は女子3人旅。やはり一番の楽しみは「食」ですね。特に、クラブラウンジでのアフタヌーンティーは旅のメインの一つと言っても過言ではありません(笑)
どれもクオリティ高し。
パパイヤのショートケーキ。あっさり軽くて美味。

数あるスウィーツ類の中で、一番心が踊ったのは、やはりこれでしょう。

見た目シンプルだけどおいしい♡

ココナッツケーキです。ハワイのハレクラニに行くと、これを必ず召し上がる方も多いと思います。今回、アフタヌーンティーで出るかなぁ?と楽しみにしていたので、見つけた時はテンションマックスでした。

セイボリーも種類豊富
全種類制覇したくなります
絶品ミニバーガー
嬉しいミニサイズのマラサダ

みんなに好評だったのが、ミニバーガー。二口くらいで食べられるサイズで、中のソースもおいしいですし、お肉もジューシー。また、ハワイらしくマラサダもありました。

お腹が空いていたのでたくさん頂きます。
スコーンもおすすめ!

最初のドリンクはスタッフの方がコーヒーや紅茶など、好みのものをオーダーで持ってきて下さいますが、ソフトドリンクやスムージー系はこちの冷蔵庫からご自由に、です。私は右側のゴーヤスムージーがとても気に入ってしまい、ラウンジに行くたびに頂いてしまいました。

観光をせず、ひたすらホテル内でゆっくりと過ごすことがメインの旅でしたら、優雅なアフタヌーンティーやカクテルタイムが過ごせるクラブフロア滞在は絶対オススメです。

  ハレクラニ沖縄の予約はこちら  

国内ツアー

4. ハレクラニ沖縄のお部屋・・・奇跡の海の色が眼下に広がるオーシャンビュー


さて、いよいよお部屋へのご案内です。今回のお部屋は、サンセットウィングの一番端の棟。ロビーからは5分以上歩いたと思います。ご希望であれば、館内移動(お部屋の下のエレベーター乗降口からビーチやプール、ロビーなどどこへでも)はいつでも電話をすればカートが迎えに来てくれますので、歩くのが億劫な方、足腰弱い人も安心です。

歩いて10分以上かかるプールへもカートならあっという間!お部屋から電話すると2〜3分で来てもらえますよ。端っこのお部屋のゲストの方はぜひご利用をオススメします。

最初のお部屋への案内は、カートではなく徒歩でしたので、ハレクラニ沖縄の館内の広さを実感しながらひたすら廊下を歩きました。そして、到着したのが、0880号室。最上階のお部屋です。

エキストラベッドを置いても余裕のあるお部屋
エキストラベッドもしっかりしたタイプ

お部屋は50平米あるようです。今回トリプルでの利用だったので、狭いかも・・・と覚悟していたのですが、思ったよりも広々と空間が使え、狭苦しさは全く感じませんでした。エキストラベッドも簡易的ではなく意外ときちんとしたベッドで安心です。

ウェルカムフルーツ代わりのお菓子
クラブフロアはお部屋の冷蔵庫がフリードリンク

テーブルの上には、ウェルカムフルーツ代わりの、スナックとチョコレート菓子が置かれていましたが、トリプルルームなのになぜか2つだけ・・・。これはすぐに指摘して持って来て頂きました。冷蔵庫飲み物はフリーです。沖縄らしいラインアップで嬉しい。

バスルームも広々。ドアを開ければ、オーシャンビューを楽しみながらのバスタイムが楽しめます。シャワーブースが左に、おトイレが右側に。

ROJA。爽やかで上品な香り
引き出しあちこち開くとアメニティが出てきます

実は、アメニティもいくつか足りないものがありました。楽しみにしていたROJAのシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローションは、3人部屋なのに2セットしかなく。ヘアブラシ、洗顔石鹸やマウスウォッシュは1個しか置いてありません。バスソルトも2つだけ。不要なものは1個あれば良いのですが、一人1個使いたいものはその場でチェックし、足りないものを持って来て頂きました。

お部屋のラナイは、景色が最高です。これは、本家ハレクラニのお部屋にも引けを取らないオーシャンビューではないでしょうか。お隣のラナイが丸見えなのも、本家と同じですね(笑)

ため息が出そうなくらい、透き通ったエメラルドグリーンの海が、眼下ギリギリのところまで広がっています。奇跡の風景ですね。

ちなみに、ビーチフロントウィングの方は確かに目の前は海ですが、対岸にブセナテラスがある岬や、その奥の山の風景が海を遮るので、サンセットウィングのような大海原を堪能できる景色ではないと想像します。より海の景色を楽しみたい方は、高台からサンゴ礁の海を見下ろせるサンセットウィングかな、と思いました。

  ハレクラニ沖縄の予約はこちら  

国内ツアー

5. クラブラウンジのカクテルテイム・・・感動的なサンセットが一生忘れられない旅の思い出に。


さて、17時からはクラブラウンジでカクテルタイムが開催されます。季節にもよりますが、この時間はちょうどサンセットの時間。サンセットウィングと名が付くからにはきっと素晴らしい夕日が見えるはず・・・期待を胸に訪れました。

初日はクラブラウンジの室内で、2日目はテラス席へ陣取ります。まずはドリンクをオーダー。私はお酒が飲めないので、ドリンクメニューを見ていたら、嬉しい文字を発見。ハワイのハレクラニで必ずオーダーする、大好きな“Le Mint”があったのです。ハワイの味そのままではないような気がしましたが、雰囲気は味わえますので2日ともLe Mintをお願いしました。

フード類も、アフタヌーンティーの時間より、軽食系の種類が増えています。

やはり、この時間はテラス席がオススメ。最初少し日が暑く感じるかもしれませんが、日が落ちてくると涼しくなってきますし、サンセットのベストタイミングを逃すことなくゆっくりとその瞬間を待つことができます。

気がつくと、クラブラウンジにも、サンセットウィングのロビーやオーシャンテラスプールに人が集まり始めていました。いつも静かなサンセットウィングロビーですが、この時間だけは賑やかになります。クラブラウンジのテラス席にゆったりと座り、刻々と沈んでゆく夕日を堪能できるなんて、なんという贅沢な時間。

綺麗なサンセットが見られるかどうか、こればかりはその日その時間のお天気によりますが、もし見られたら、ハレエクラニ沖縄のサンセットウィングからの夕日は、何よりも一生忘れられない心に残る思い出になるはずです。

  ハレクラニ沖縄の予約はこちら  

国内ツアー

6. プールは5カ所。キッズプール以外を制覇!


ハワイのハレクラニには、有名なオーキッドプールがありますが、ハレクラニ沖縄にはなんと5カ所もプールがあります。もちろん、メインはハワイと同じオーキッドプール。しかし、その規模はハワイよりもかなり広い大きなプールになっており、ビーチフロントウィングの真正面に鎮座しています。

その他、ビーチフロントウィングには大人だけの「クワイエットプール」「キッズプール」「インドアプール」が。サンセットウィングには大人だけの「オーシャンテラスプール」があります。キッズプール以外、少しずつ入ってきました。

*****************

◆オーキッドプール◆

*****************

大きい!ハワイより大規模なオーキッドプール。

言わずと知れたハレクラニのオーキッドプール。150万枚のモザイクタイルを使ったオーキッドの模様は、気品溢れるハレクラニのシンボルですね。ただし、どこか上から見ないとオーキッドの全容は見ることができません。。。お部屋からこのオーキッドが見下ろせるビーチフロントウィングの正面のお部屋は最高ですね。

こちらの、プールチェア(正式名称は何というのでしょうか)は、HPで見て一度座ってみたい!と憧れていました。ここぞとばかりに3人で交代で座って撮影をしていましたが、私達以外で座ってる人は見かけませんでした(笑)

カバナは有料だと思いますが、この時期はチェアも空席だらけなので誰も借りている方はいらっしゃいませんでした。プールエリアに入ると、スタッフが気付いてシーツとタオルを好きなチェアにセットして下さいます。ペットボトルのお水もスタッフに頼めばいつでも頂けます。

ちなみに、プールやビーチへは、お部屋に備え付けてあるビーチパーカを水着の上に羽織れば、館内を歩いてOKです。

また、履物も各お部屋に可愛いハレクラニロゴの入ったビーチサンダルが置いてありますので、持参の必要がなく便利です。

*****************

◆クワイエットプール◆

*****************

クワイエットプールは、その名の通り「静かなプール」。16歳以上から利用可能です。プールバーもあって、まるで海外のリゾートホテルのようです。

10月のこの時期は、オーキッッドプールやキッズプールにもそれほどゲストがいなくて、どこも落ち着いた雰囲気でしたが、夏休みの子供が溢れる時期でしたら静けさを求めてクワイエットプールの利用価値が高まりそうです。

10月でもプールは楽しめる気温・水温ではありましたが、少し体が冷えた時にジャグジーの存在がありがたいのです。向かいには湾を挟んでブセナテラスの景色。

インフィニティプール

クワイエットプールはインフィニティプール。本当に美しい優雅なプールです。

****************************

◆インドアプールと温泉ジャグジー◆

****************************

オーキッドプールの裏手に、インドアプールがあります。お手洗いもこのエリアに。他のプールが冬季営業停止中も、インドアプールは通年営業です。

 

静かで落ち着いた雰囲気。こちらはお子様もOKです。

なんといっても、こちらで気に入ってしまったのは、この温泉ジャグジー。壁に効能が色々書いてあり、「ああ、温泉なんだぁ♪」と気づきました。温泉は、スパにしかないと思っていたので、ラッキーです。プールで冷えた体を温泉で温める、しかも沖縄で・・・最高ですね。

*******************

◆オーシャンテラスプール◆

*******************

最後に行きましたのは、オーシャンテラスプールです。個人的な好みとして、私はこちらのプールが一番好き。

こちらも、利用は16歳以上なので、とっても静かです。私達は、オープンの11時に行ったため、先客の男性がパラソルの下でくつろがれていた他、ほぼプールを貸切状態で使えました。

ロケーション的には、クラブラウンジの真下にあるため、景色は絶景!営業時間も、オーシャンテラスプールが一番遅くまでオープンしているので、夕方には、プールに入りながらサンセットも楽しめてしまいます。なんて素敵で贅沢なリゾートの過ごし方。。。

カバナやジャグジーもちゃんとあります。とにかく、大人の雰囲気満天のプール。ゆっくりとした大人のリゾートを楽しみたい方は、こちらのプールがイチオシです。

  ハレクラニ沖縄の予約はこちら  

国内ツアー

7. ビーチも安全でのんびり


ハレクラニ沖縄には、きちんと管理され、スタッフが常駐し安心して遊べるビーチがあります。場所は、ビーチフロントウィングから見て、右手方向です。

ブイの中なので安全
オーシャンフロントウィングからはカートが便利

レスキューのボードもあるので、お子さんがいらしても安心して遊ばせられますね。

ハレクラニビーサンを履いてビーチへ。本当に可愛いデザイン。タオル、お水もスタッフの小屋で頂けます。夏は熱中症予防にも、キンキンに冷えたお水をいつでもビーチで頂けるのは安心ですね。

ビーチへの出入り口のところに、シャワーもあるので、砂はそこで落としてからプールや館内へ戻りましょう。

  ハレクラニ沖縄の予約はこちら  

国内ツアー

8. ビーチヨガは初心者の方でもぜひ参加してみて!


ハレクラニ沖縄では、いくつものアクティビティが楽しめますが、無料で気軽に楽しめてしまうおすすめプログラムは、ビーチヨガ♪ 朝7時から、オーキッドプールからビーチへと抜ける小道の左側の芝生の上で開催しています。

特に予約は必要なく、時間までにその場所に行けばOK。なので、「明日、早起きできて気が向いたら行こう」、くらいの軽い気持ちで参加することができます。予約をしちゃうと、「明日は早く起きなくちゃ。。。」と言うプレッシャーでのんびり寝られない、という方でも気軽にjoinできるのがいいですね。

私は、ヨガは過去に5度くらいしか経験したことがなく、究極に体が硬いのですが、自分のペースでのんびりと、できないポーズは無理をせず適当に休みながら・・・がOKの緩いヨガですので、初心者でも大丈夫でした。

何より、まだ清々しい朝の空気の中で、波の音と芝生の匂いに囲まれながら体をストレッチし、そして瞑想する・・・。これぞ非日常、と言う貴重な体験ができるのが嬉しいです。

  ハレクラニ沖縄の予約はこちら  

国内ツアー

9. ハウスウィズアウトアキーのお食事はどんな感じ?


続いて、ハレクラニ沖縄のお食事はどのような感じでしょうか?レストランは、本家ハワイにもある「ハウスウィズアウトアキー」、東京のミシュラン星付きレストラン「フロリレージュ」のシェフがプロデュースする「イノベーティブ シルー」、日本料理「AOMI」、鉄板焼き「KINGDOM」とサンセットバーがあります。

ハウスウィズアウトアキーは朝食からディナーまで通しで営業していますので、一番利用頻度が高いレストランになるかもしれません。場所は、ビーチフロントウィングロビーを抜けて噴水があるエリアの左側。オーキッドプールの斜め裏手です。

写真正面がハウスウィズアウトアキー。

*************************

ハウスウィズアウトアキーの朝食◆

*************************

まずは、朝食の様子から見てみましょう。朝食とは言え、7時から14時までの長い時間、ビュッフェを開催しています。ですのでブランチやランチとしても利用できますね。

ビュッフェは、質の高いお料理と種類の多さに大満足するはず!

ベーカリーコーナ
ラフテーやゴーヤなど沖縄コーナー
ハム、チーズ、サーモンなど
ポケも!
サラダも新鮮
マッシュルームソテーやミネストローネ
エッグステーションはエッグベネディクトもあるよ
デザートコーナー

たくさんあり過ぎて写真が載せきれませんが、他にもフレンチトーストや蜂の巣から取るはちみつ、ハレクラニココナッツケーキ、アイスクリーム、ミニアサイーボウル、和食コーナー、フルーツなどなど。。。胃袋が3つくらい欲しいと本気で思ってしまうラインナップです。

朝のピーク時間は混んでおり、私達はビーチヨガが終わって8時半くらいに行ったのですが、30〜40分待ちとのことでした。(結局、その日は諦めてシルーで頂き、ハウスウィズアウトアキーはチェックアウトする日の12時からランチとして利用させて頂きました。)並びたくない方は、早めの時間か、ブランチの時間に訪れるのが良さそうです。

*************************

ハウスウィズアウトアキーのディナー◆

*************************

ハウスウィズアウトアキーのディナーは、リーズナブルなお値段で、色々なメニューから選べますので、ご家族でそれぞれ食べたいものが違う時や、サラダだけ食べたい・・・などの時におすすめ。

ハワイのように海が目の前ではないので、ハワイのハウスウィズアウトアキーとは全く雰囲気が違いますが、フラやハワイアンミュージックもちゃんと楽しめます。

コブサラダ。美味しい!
ソーキや三枚肉がゴロゴロ
パンはどのお料理を頼んでも付いてくる・・・
ゴーヤチャンプルー

私達は、3人でそれぞれ食べたいものを1つずつ頼んだのですが、量が多くて困りました。ソーキそばは単品かと思ってオーダーしたのですが、ジューシー(炊き込み御飯)と小鉢も付いてくる。それに全員に付いてくるパンもありますので、炭水化物祭りになってしまいました。。。クラブラウンジのカクテルタイムで軽食をいただいた後だったので、サラダだけで十分だった気がします。オーダーのしすぎに注意です。


10. イノベーティブ シルーのディナーはぜひ体験してみて!


今回のハレクラニ沖縄のお食事で一番楽しみにしていたのが、フロリレージュのシェフがプロデュースしているレストラン「イノベーティブ シルー」でのディナーです。

シルーでは、ディナーだけでなく朝食も頂けます。ハウスウィズアウトアキーの朝食タイムより空いていたので、2日目の朝はこちらで朝食を頂きました。

***************

シルーの朝食◆

***************

シルーで頂ける朝食は、ビュッフェではなく、セットメニューかアラカルトです。「ハレクラニブレックファースト」(朝食付きじゃないプランの人は4000円)、「コンチネンタルブレックファースト(同 3000円)、ヘルシーブレクファースト(同 4000円)、「ジャパニーズブレックファースト」(同 4000円)から選べます。コンチネンタルは卵料理とベーコン・ソーセージが入ってないセット、ヘルシーは本当にお野菜とフルーツ中心(卵は卵白のオムレツ)という感じのようです。

他に、アラカルトでパンケーキやフレンチトースト、エッグベネティクト、アサイーボウルなどもありました。確認したところ、朝食付きプランの人はアラカルトで4000円までオーダーOKでした。そこは、ハワイのオーキッズと同じシステムですね。

天井が高くゆったりした空間
まずコーヒーを頂きます
テーブルの上にあらかじめジャムが数種類
洋食系のセットにはオレンジかシークヮーサージュース

私はハレクラニブレックファーストを頂きました。食べきれないパンはお願いするとお持ち帰りさせて頂けました。卵料理を待っている間に、外を見ると虹が!いいことがありそうです。

ベーカリーバスケット2名分
朝食中に虹が!

ハレクラニブレックファーストは、卵の焼き方、ベーコンORソーセージをチョイスできます。和定食には納豆も付いて来るし、西京焼きや卵焼きなどもとても丁寧に作られている感じがして、4〜5日くらい滞在するなら1度は和定食を食べたいなぁと思いました。

**************

◆シルーのディナー◆

**************

さて、楽しみにしていた「イノベーティブ シルー」でのディナーは、どんなお料理が出たのでしょうか。たくさん品数が出てきてびっくりしたので、簡単にご紹介したいと思います。ちなみに、コースはお任せの1つだけ。ドリンクは、ガス入りウォーターのフリーフローをお願いしました。

枯れ葉?いえ、ほうじ茶葉と焼き芋です(笑)
ジーマミ豆腐(ボウルの中)
1つ目のパン。酒粕?麹?忘れちゃいました。
沖縄伊勢海老。プッリプリ
タコ&雑穀
ゴーヤとトリュフ、タルタル
やちむんが素敵!
2個目のパン。ココナッツの入れ物がキュート
タコもプリップリ!
グルクンのお料理
こちらもグルクン
島豚豚足(確か)とイラブーのスープ
デザート1
プティフール
島豚
メニュー書きはシンプル
デザート2
朝とは違い照明が落とされた店内

お料理は、メニューに書いてあるものの他にもたくさん出てきます。だいたい、1つの素材に対して2品出て来る感じでした。1品目の枯れ葉のようなものに包まれた焼き芋など、見た目も斬新過ぎて、今までに食べたことがないようなお料理がたくさん。味も見た目もサービスも全て楽しむことができました。シルーでのディナー、ハレクラニ沖縄滞在の思い出に、おすすめです。


11. まとめ


駆け足でハレクラニ沖縄滞在レポをお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。口コミでは、ハワイのハレクラニとは違う、とかオープンしたばかりでサービスに問題あり、などとネガティブなものも拝見していたので正直少し不安もありました。

ですが、私が体験した限りでは、スタッフの方もみなさん落ち着いて笑顔で対応して下さいましたし、お部屋も施設も新しくてピッカピカ。ハワイのハレクラニと比較せず、沖縄に新しくできた高級ホテルとして楽しめば、大満足のステイが楽しめるかと思います。大型ホテルなので、夏休み等は少し騒々しく感じることもありそうですので、私はまた行くとしたら、同じ10月くらいのプールをまだ楽しめる時期か、夏が始まる前辺りにいきたいと思います。

やはりこのサンセットは心と目に焼き付きました。

  ハレクラニ沖縄の予約はこちら  

国内ツアー
※文中並びに写真の情報は全て2019年10月に滞在した時のものです。ホテルのサービスやその他情報には変更が生じます。最新情報はご自身にてご確認下さいますよう、お願いいたします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました