マイナポイントおすすめ決済サービスは?陸マイラーは三井住友Vポイント、ポイントサイト活用で楽天・paypay大量ポイント獲得チャンスも!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

9月から始まったマイナポイント。

皆さんはもう申し込みしましたか?

 

私は7月頃にマイナポイントを予約

(マイキーIDを設定)は済ませて

おきましたが、申込業者をどこにするか

迷っていました。

 

が、今日、とうとう三井住友カードで

申し込み完了!

 

決め手は、「普段自分が使いやすい

決済業者」「もらえるポイントの

活用方法が有益であること」です。

 

三井住友カードはVポイントが

もらえます。ANAマイルに交換可能です。

 

いくらもらえるのか?

どう活用できるのか?

 

まとめてみたいと思います。

 

更に、これから申し込む方に向け、

ポイントサイトを活用して

大量ポイントを獲得する方法も

お伝えしたいと思います。

マイナポイントの目的とは?

まずはマイナポイント事業のおさらいです

 

マイナポイントとは、マイナンバーカードを

取得した人が、マイナポイントを予約・

申し込みすることでもらえるポイントのこと。

 

マイナポイントの活用により、消費の活性化、

マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュ

レス決済基盤の構築が目的で、総務省主体で

行っている事業になります。

 

実施期間は、2020年9月から2021年3月まで

の7カ月間です。

 

マイナポイントに申し込む(=どの決済

サービスを利用するか決めて、その決済

サービスに申し込む)ことで、その指定

したキャッシュレス決済でチャージをするか、

買い物をすれば、その金額の25%分(上限

5000円分)のマイナポイントが受け取れます。

 

上限は5000円/1人なので、2万円分までの

チャージ又はショッピング利用が、

マイナポイントを受け取れる最大利用額となります。

 

マイナポイントは、自分が指定した

キャッシュレス決済サービスのポイント

として受け取ります。

 

例えば、もしnanacoを指定したなら

「nanacoポイント」でもらえますし、

NTTドコモのd払いを選んだなら

「dポイント」で受け取る、という形です。

マイナポイント選べるキャッシュレス決済サービス業者は?

 出典:総務省HP

マイナポイントに参加している決済事業会社、

最新情報はこちらの総務省HPから確認できます。

 

これだけ見ても、普段自分が使っている

キャッシュレス決済やポイント、クレジット

カード会社が網羅されているのではないでしょうか?

 

自分が選べる業者は1社のみです。

一度申し込んだら基本、取り消しはできません

ので、自分が貯めているポイントだったり、

使い勝手の良いポイントだったり、自分に

とって何がお得なのかをよく考えてから

申し込むようにしましょう。

マイナポイントはいつもらえるのか?

気になるのは、マイナポイントを

受け取れる時期ですよね。

 

マイナポイント受け取り時期に

ついては、自分が選んだ決済業者によります。

 

例えば、チャージ系の決済を選んだ人は、

チャージをした時に25%分のポイントが

付与されることもあります。

 

クレジットカード会社を選んだ場合は、

上限の20000円を達成した時点で、その

翌月末に5000ポイントが付与されたり。

 

それぞれの決済サービス業者によって

ポイントをもらえる時期や方法が違います

ので、業者を選ぶ時によく確認してくださいね。

マイナポイントのはじめ方

ポイント還元率25%のマイナポイント、

絶対にやらなきゃ損だと思います!

 

でも、やり方がよくわからない・・・と

いう方向けに、マイナポイントって

どうやって始めたら良いの?について、

順を追って説明しますね。

 

なお、本当にわからない方は、各自治体に

マイナポイントの担当者がいると思います。

(超ど田舎の我が町の市役所にも、

マイナポイントカウンターができてました!)

 

どうしても自分でできない方は、自治体

窓口に行けば手取り足取り教えてくれると

思います。ぜひ行ってみてくださいね。

①マイナンバーカードを取得する(未取得の方)

マイナンバーカード申請に必要な通知カード

マイナンバーカードを持っていない人は、

このポイント還元が受けられません。

 

まだマイナンバーカードを申請していない

人は、この機会に思い切って申請しましょう!

 

申請には、昔、一人ひとりに役所から

送られてきた「マイナンバー通知カード

が必要です。(緑色の細長いカードです)

 

この通知書の真ん中の赤い囲みの部分

(交付申請書)が必要ですので手元に

準備してください。

 

 

申請方法は、「スマホで申請」

「パソコンで申請」「郵送で申請」

「(交付申請書がない人は)市区町村窓口

で申請」などの方法があります。

 

スマホで申請が意外と簡単でおすすめです。

以下、簡単な概要です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①スマホカメラで通知カードのQRコード

を読み取り、メールアドレスと名前を登録

 

②顔写真の登録(予め撮影しておくか、

登録時に撮影もできます。綺麗な写真が

いい人は、予め納得のいく写真を撮影

しておくことをおすすめします。)

 

③生年月日等、他に必要な項目を入力

 

④申請完了!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

それぞれの申請方法の詳細は、こちらの

総務省ウェブサイトからご確認ください!

 

申請が完了後、自治体から「マイナンバー

カードの準備ができたので取りに来てね」

の郵便(交付通知書)が届きます。

 

指定された必要書類を持ってご本人が

受け取りに行ってくださいね。

 

申請からマイナンバーカード取得まで、

早くても1ヶ月くらいはかかるそうです。

 

マイナポイントの実施期間は来年3月まで!

 

まだ十分間に合いますので、

必要な方はお早めに申請を!

②マイナポイントを予約する(=マイキーIDを設定)

マイナンバーカードを入手できたら、

次はマイナポイントを予約(マイキーIDを設定)します。

 

マイキーID=自分のマイナンバーカードの

アカウント番号、と思ってくださいね。

 

このマイキーIDは、マイナンバーカード内

のICチップ中の電子証明書を利用して、

ウェブ上で作成可能です。

 

 

登録の仕方は、スマホで登録する方法が

簡単でおすすめ。パソコンでもできますが、

その際にはパソコンに対応している

「ICカードリーダライタ」を購入しなくては

ならないので、ちょっと面倒。おすすめしません。

 

また、自治体にマイキーIDの登録ができる

手続きスポットも用意されています。(市役所など)

 

スマホでもパソコンでも自分では登録が

難しい方は、この手続き支援スポットで

登録するのもおすすめです。

 

ここでは、スマホでマイキーIDを設定

する方法を説明します。

(未対応のスマホもありますので要確認)


1. マイナポイントアプリをダウンロード

クリックで総務省のページに飛びます。そこからダウンロードページに行ってください。

2. マイナンバーカードをスキャン

 

 ダウンロードしたマイナポイントアプリ内で、

 スマートフォンでマイナンバーカードを

 スキャンします。

 

    この時、マイナンバーカード発行時に

 決めた4桁の暗証番号を入力します。

   正しく入力すれば、マイナポイントの予約

  (=マイキーIDの発行)が完了です!

 

スキャンする時、私は結構苦労しました。

 

スマホカバーは外して下さい。

「読み取り開始」を押してから、ちょうどこの絵の感じでマイナンバーカードの写真が隠れるようなバランスのところで、スマホをカードの上に直置きしてみて下さい!

 

バランス良いところに置けば、すぐにスキャンが完了します。終わらないようなら、位置をずらしてみて下さいね。

③マイナポイントを申し込む(希望する決済サービスを選ぶ)

マイキーIDの発行が終わったら、

あとはマイナポイントを申し込む

(希望する決済サービスを選択する)だけ!

 

対象となる決済業社は総務省の

こちらのウェブサイトから検索できます。

 

スマホ(マイナポイントアプリ)、

パソコン、コンビニのマルチコピー機、

マイナポイント手続きスポット、

ATMなど、いくつか申し込み方法が

ありますが、スマホからが簡単でした!

 

手順は下記を参考にして下さいね。

これで、マイナポイントの申し込み完了です!

 

あとは、実際に申し込んだ決済手段で、

お買い物をしたりチャージをするだけ。

 

次の章で、おすすめの決済サービスや

私が申し込んだ決済業者について

書きますね。

マイナポイント申し込み おすすめ決済サービスは?ポイントサイトとの組み合わせがお得!

ANAマイル狙いなら三井住友カードVポイント

私が自分のマイナポイントの決済業社を

選ぶ時に選択肢に挙げたのが、普段使って

いて、使いやすい決済サービスです。

 

残念ながら、今メインのカードにしている

SPGアメックスは、マイナポイント対象外。

 

なので、それまでメインカードにしていた

ANA VISAワイドゴールドカード(三井住友

カード)か、最近、税金支払いのために

使い始めたnanaco、また、カードはあまり

使っていないけれど、ポイントは貯めて

いる「楽天カード」の3つに絞りました。

 

次に考えたのは「もらったポイントを

何に使いたいか?」です。

 

もちろん、ポイントを使って何かを

買っても良いのですが、陸マイラーと

しては、「ANAマイルに交換する」という

選択肢を残しておきたいです。

 

となると、マイナポイントでもらった

5000ポイントをANAマイルに交換したら

何マイルになるか?が決め手になります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

●ANA VISAワイドゴールドカード

 5000Vポイントx0.6=3000マイル

 

※付与されるVポイントはANAカード専用の

 優遇レートのANAマイレージ移行コース

 では使用できない。通常ポイント用の

 ANAマイレージ移行に使え、交換レート

 はカードの種類にかかわらず、

 1P→0.6マイルとなります。詳細はこちら

 

●nanaco

 5000nanacoポイント→2500マイル(500p=250マイル)

 

●楽天カード

 5000楽天ポイント→2500マイル(2ポイント=1マイル)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ということで、三井住友カードが一番

ANAマイルを多くもらえます。

 

さらに、Vポイントは等倍のレートで

楽天ポイントやdポイントなどにも交換

できるので、万が一ANAマイルにしなくても

使い道はたくさんある。

 

ということで、三井住友カードに

決定したというわけです。

 

※マイナポイント対象とならないものも

 あるのでこちらより確認してください。

これから三井住友カードを発行する

方は、ポイントサイト経由すれば、

マイナポイントの他に、3000円相当

(モッピーの場合)もらえます!

 

ポイントサイトでヤフーカードを発行&マイナポイントでpaypay申し込み

もう一つ、マイナポイントがらみで

お得なポイントサイト案件は、ヤフーカード。

 

モッピーで3000円相当。

ハピタスで3500円相当がもらえます。

モッピーから3000ポイント
ハピタスの場合

ヤフーカードを初めて作る人で、

paypayをまだ使ったことがない人は、

今がチャンスかも!?

 

paypayは、クレジットカードが使えない

小さな小売店でも、paypayなら使える、

というところが多い印象です。

(特に、田舎に引っ越してきてこれは

強く感じます。カード払いが不可な小さな

お店が多いのですが、paypayはなぜか

使えるという・・・!)

 

なので、今までクレジットカード払いで

ポイントが貯められなかったお店でも

paypayを通じてヤフーカードのポイントを

貯められる、というところで、使い勝手が

良いクレジットカードになりそうです。

 

そういう意味で、マイナポイントを

paypayで申し込むのは大いにありだと

思います。

 

\ヤフーカード発行するならポイントサイト経由をお忘れなく!/

 

 

 

 

 

 

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

18,000Pもらえるチャンスも!?万能楽天カード

最後におすすめなのが、やはり楽天カード。

楽天ポイントは貯めている人も多いし、

楽天カードは持っている人も多い。

 

なので、多くの人が一番マイナポイントに

指定しやすいカードなのではないでしょうか?

 

まだ楽天カードを持っていない人は、

もしモッピー経由で申し込む場合、9/12~13の

2日間なら、6000モッピーポイントと、

楽天カードからの5000ポイントで最大

11,000円相当がもらえます。

これに、マイナポイントの5000Pも

付与されれば、かなり大きいですね。

 

しかも、ここから初めてモッピーに登録

する方は、2000Pもらうチャンスも!

(9/30までの入会で、5000P獲得したら

さらに2000Pもらえるチャンス。つまり、

楽天カードの発行で6000P獲得したら

さらに2000Pもらえます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、初めて楽天カードと

モッピーを登録する方は、

 

・モッピー登録+楽天カード発行

 →6000P+2000P

 

・楽天カードからの入会ポイント

 →5000P

 

・マイナポイント

 →5000P

 

と、合計で18,000円相当がゲット

できるという計算に!(期間限定)

 

もし楽天カードもモッピーもまだ

申し込んだことがない人は、マイナポイント

目当てで楽天カード&モッピーデビューも

おすすめの選択肢になると思います。

まとめ

2020年9月から、マイナポイントの

付与がスタートしました。

 

すでに申し込んだ方、これからの方、

まだマイナンバーカードすら申し込んで

いない方、人それぞれいろんなフェーズ

にいることと思います。

 

期間は来年3月末までなので、まだ

マイナンバーカードを持っていない人でも、

これからクレジットカードを作りたい人でも、

十分間に合います。

 

この記事が、皆さんのマイナポイント

申し込みのきっかけになり、皆さんに

とって一番お得なマイナポイント選びの

ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました