ポイントサイトからポイントを移行してみた

スポンサーリンク
2019.9.3追記【注意】ソラチカルート閉鎖について

陸マイラーの方々には悲報としてシェアされていましたが、最近の主流であったLINEポイント→ソラチカカードのルートが閉鎖されることが発表されてしまいました。2019/12/27を持って閉鎖されるので、ポイントをお持ちの方はそれまでにソラチカカードへ移行してしまう方が良いようです。(ソラチカ→ANAマイルの部分は今の所続くようです。)よって、これからソラチカカードを発行しようとしている方は、もうその必要はないかと感じます。変わってこれから主流になるのは、ANATOKYUルート。少しマイルの還元率は下がりますが、最短1ヶ月ほどでマイルの交換が可能です。私もANATOKYUカードの申し込みをしました。

2018.4.10追記【注意】ドットマネー→ソラチカルートの閉鎖について

【ハピタス→ドット・マネー→ソラチカカード→ANAマイルルート】の経由地である「ドットマネー→ソラチカカード」の部分が3月末をもって閉鎖となっています!とても痛いですが・・・仕方ありませんね。以下の記事は過去のご参考として残しておきます。

1月のソラチカカード申し込み記事から半年以上経過してしまいましたが、ハピタスちょびリッチを利用してのポイント稼ぎは順調に継続中です。そして2017年5月末、初めてポイントサイトからのポイント移行手続きをしてみました。備忘録を兼ねて記録しておきたいと思います。

まずはハピタスから

ハピタスに去年の12月に入会してから約5ヶ月。ヤフオクやヤフーショッピングをメインに使っています。この時、ハピタスに数千ポイント溜まっていたので、今回はその内の5500ポイントをマイルに交換することにしました。

 

まずは、ハピタスからドットマネーのギフトコードを取得して、ポイントを交換します。ここは、最低交換ポイントが300ポイントからで、100ポイント単位で交換できます。

 

 

スクリーンショット 2017-06-25 17.42.14

 

 

 

その後、約3営業日でドットマネーからギフトコードの連絡が来ます。そうしましたら、ドットマネーの自分のページに入り、ハピタスから移行されたポイントのギフトコードを実行すると、ドットマネー内にポイントが溜まります。

 

 

スクリーンショット 2017-06-25 17.44.41

 

 

ハピタスの場合、直接ハピタスポイントからドットマネーに、ではなくて、ギフトコードが発行されてそれをドットマネーのポイントに換える、と言うワンクッション入るのが味噌ですね。ぱっと見面倒臭そうですが、やってみるとそうでもなかったです。

 

次にちょびリッチのポイントを交換

ちょびリッチの場合は、もう少し簡単でした。

 

 

ちょびリッチでは、今回の陸マイル活動で必須だったANAカードを申し込みました。また、デルタアメックスを解約した代わりに、コストコで使うアメックスカードが必要だったため、年会費がかからないセゾンアメックスも申し込みました。それから、ヤフオクで必要だったジャパンネット銀行の口座開設をしたりと、結構もらえるポイントが高い案件の利用が多かったのです。その他、ちょびリッチは、商品を購入してアンケート書いてもらえるモニターポイントなどもあるので、自分が必要なアイテムのモニターがあったりとお得に利用できました♪

 

 

ポイントの交換方法は、こちらのちょびリッチの自分のページから「ドットマネー」を選びます。

 

 

スクリーンショット 2017-06-25 18.00.46

 

 

 

交換レートは、1000ポイントが500ドットマネーです。交換単位は1000ポイント以上で1000ポイント単位。こちらはハピタスと違って、ドットマネーギフトコードの申請を挟まず、直接ドットマネー内にポイントが移行されますので、楽チンですよ♪ 交換も、確か即日だったような気がします。

 

 

今回は14,500マネー分を交換しました。

 

こうして無事、ハピタスからとちょびリッチからのドットマネーへの申請が終わりました!

 

ドットマネーからメトロポイントへ移行

さて、ハピタスちょびリッチなどのポイントサイトからドットマネーへポイントを交換したら、次はメトロポイントへの交換が必要です。

 

 

ドットマネーのサイトの、「ポイントを使う」から、「メトロポイント」を選びます。間違っても、その下にある「ANAマイレージクラブ」を選ばないで下さいね!ポイント交換率がめちゃめちゃ悪くなってしまいますよ!

 

 

スクリーンショット 2017-06-25 18.17.34

 

 

ここで必要になってくるのが、このために取得した、ソラチカカードです。初回に、自分のドットマネーの口座とソラチカカードを紐付ける作業があります。

%e3%82%bd%e3%83%a9%e3%83%81%e3%82%ab

 

交換ポイントは300ポイントから、レートは300ドットマネーがそのまま300メトロポイントとして交換されます。

 

 

それぞれ、ハピタスポイントからドットマネー経由でメトロポイントに交換申請したのが6月初旬、ちょびリッチポイントをドットマネー経由でメトロポイントに交換申請したのが5/30。

 

 

このように、ドットマネーのアカウントで、メトロポイントへ交換済のポイントの履歴が確認できますので安心です。

 

 

スクリーンショット 2017-06-25 18.10.54

 

 

そして、毎月15日までに申請された分は、約1ヶ月後の翌月には、メトロポイントとして反映されるそうです♪今はこの、メトロカードへの、ドットマネーからのポイント交換の反映を待っているところ。

 

 

今日の備忘録はここまで・・・次回は、メトロポイントが入ってきたら、いよいよそこからANAマイルへ移行する手続きにトライしてみたいと思います!

ポイントサイト、もっと早く始めれば良かった・・・・

今回交換したポイントをご覧いただけるとお判り頂ける通り、この5ヶ月で約20,000ポイントを交換することになりました。この後の、メトロポイント→ANAマイルへの交換レートは90%ですので、18,000マイル分です!

 

 

また、今回ハピタスポイントはヤフオク利用で獲得したものが多く、ポイント反映に数ヶ月かかるため、判定中でまだポイントになっていないものが16,000ポイント以上あります。これを次回以降のポイント移行で少しずつメトロカード経由でANAマイルにすると14,400マイル。

 

 

あと、地味にちょびリッチも、前回の交換後に取得したポイントで、マイル換算すると900マイル分になるポイントが溜まっています。

 

 

並行して、去年12月に申し込んだANA VISAワイドゴールドカードで日常利用した クレジットカードポイントが現段階で4500ポイントちょっと溜まっており、これは1ポイント=10マイルで移行ですから、これだけで45,000マイル!

 

 

ということで、陸マイル活動を初めて半年足らずで、ポイントサイトからのマイルが33,300マイル。純粋にANA VISAカードの利用で溜まったマイルで45,000マイル。半年で78,300マイルは大きいですね!ハワイにビジネスクラスで行ける分がすでに貯まりました。

 

 

しかも、今回は、不必要にクレジットカードを発行したり等の、無理なポイント活動をしないでこの数字なので、もっと積極的にクレカを発行したり、FXなどの口座を開いたりしたら、もっともっと溜まることを考えると・・・どうしてもっと早く、ポイントサイトを利用していなかったのかと、後悔しちゃいます(><)

 

 

もう、早速来年は、ANAのビジネスクラスでハワイ旅行が実現しそうです♪(あ、でもまだデルタ時代にためていたマイルが13万マイルちょっと残っているので、まずはあと1回、デルタでハワイに行かないといけませんが。。。)

 

 

ということで、これからもどしどし、ハピタスちょびリッチ経由でのポイント活動、続けていきたいと思います。


❤︎ハピタス・ちょびリッチの登録はこちらから❤︎

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

2019.9.3追記【注意】ソラチカルート閉鎖について

陸マイラーの方々には悲報としてシェアされていましたが、最近の主流であったLINEポイント→ソラチカカードのルートが閉鎖されることが発表されてしまいました。2019/12/27を持って閉鎖されるので、ポイントをお持ちの方はそれまでにソラチカカードへ移行してしまう方が良いようです。(ソラチカ→ANAマイルの部分は今の所続くようです。)よって、これからソラチカカードを発行しようとしている方は、もうその必要はないかと感じます。変わってこれから主流になるのは、ANATOKYUルート。少しマイルの還元率は下がりますが、最短1ヶ月ほどでマイルの交換が可能です。私もANATOKYUカードの申し込みをしました。

タイトルとURLをコピーしました