スポンサーリンク
国内旅行情報

「みんたび」観光地パンフレットを無料で事前にお取り寄せできる便利サービス

スポンサーリンク

観光地に行く前に、事前に無料で現地のパンフレットをお取り寄せできるサービス、「みんたび」ってご存知ですか?

私は普段、観光地に行くと、駅やホテルの中などで周辺情報が満載のパンフレットやマップなどを手に取って眺めるのが好きです。

その中に、

 

「あ、ここ行きたいな」とか

「あ、この食堂、美味しそう♡」

 

と目を引く場所が載っていても、すでにその観光地では食べるものも行く場所も決まってしまっていたりして、残念ながら見送り・・・なんてことも結構あるんです。

 

「あ〜、このパンフレットを、旅行前に事前に読んで、旅のプランができてたらなぁ」って思うこともしばしば。

 

みんたびは、そんな悩みを解決してくれるサービスなんです。

 

これから沖縄に行こうと思ってるなら、沖縄の各観光地のパンフレットを探して申し込めば、ただでそれがおうちに届くんです(送料のみ負担)。

 

これって、すごい便利じゃないですか?

 

これから観光地の活性化のために、少しずつ国内旅行を楽しみたい、という人にぜひおすすめしたいサービスなんです。

\全国の観光パンフレット無料お取り寄せはこちらから/

スポンサーリンク

みんたびとは?

今回取り寄せたパンフレットの一部

みんたびは、自治体や観光協会が、観光案内所やアンテナショップ等で配布している観光パンフレットを、旅行予定者に直接お届けするサービス(サイト)です

そもそも、最近のパンフレットって、ペラペラしてるパンフレットと違って、ページ数も多くて内容が充実しているし、構成や紙質もオシャレで、まるで写真集のようなものがあったりしますよね?

 

わ〜〜、これコストかかってるなぁとか、どんなプロのカメラマンさんに撮ってもらったんだろう、って思ったり。

 

パンフレットによっては、ARアプリを起動させたスマホをパンフレットの指定の個所にかざすと動画が見られたりとか、折り畳みの地図が付いていたりなど、自治体によって様々に工夫されていて、見応えがあるものが多いんです。

 

みんたびでは、そんな手の込んだ、見てるだけで旅気分でテンションが上がる観光地のパンフレットを、自宅にいながらにしてまとめて請求できちゃうんです。

 

欲しいパンフの地域の自治体に問合せする必要も、アンテナショップに赴く必要もありません。

用意されているのは、47都道府県、1300種類以上のパンフレット!

あなたの欲しいパンフレットがあるかも??

これで、負担するのは送料のみ(5冊で190円ほど)ですし、楽天ポイントでも払えちゃうので、行きたい場所が決まっていて現地おすすめ情報を知りたい人も、これから行きたい場所を探したい人にも、本当に便利なサービスですよね。

 

いまどき、紙のパンフレット?と思う方もいるかもしれませんが、やはり旅の計画はネット情報と合わせて、ガイドブックやパンフレットなどの紙媒体で情報収集するのも、臨場感が湧いてなんだか楽しいんですよね。

 

みんたびの使い方

このみんたびのパンフレット、どうやってお取り寄せしたら良いのでしょうか?

 

使い方は簡単♪ 上記のバナーからみんたびのサイトに行きましたら、「地域」「グルメ」「世界遺産」「城」「温泉」などの各カテゴリから欲しいパンフレットを探します。

 

欲しいものが見つかったら、「かごに入れる」をクリックます。一度に5種類まで請求できるので、たくさん選びましょう!

 

5種類決まったら「購入手続きへ進む」へ。パンフレット自体は無料ですが、送料の支払い方法の選択や住所氏名の入力をします。

 

送料は5種類で190円です。

支払い方法は以下の4つから選べます。

 

・AmazonPay(Amazon.co.jpのアカウントが必要です)
・楽天ペイ
・クレジットカード(JCB/AMEX)
・銀行振込み(GMOあおぞらネット銀行)

 

楽天のポイントが使えるので、便利ですね!

 

購入が完了したら、あとは届くのを待つだけ。私の場合は3日後に届きました!

おすすめのパンフレットはこれ!

見たら行きたくなったパンフレット3選(椎葉村、千曲市、羽幌町)

少しでも県外へ旅行する気分になれるよう、みんたびで「これ見たら行きたくなったパンフレット3選(椎葉村、千曲市、羽幌町)」をお取り寄せしてみました!

椎原村(宮崎県)

まるで何かの本か冊子のように、背表紙まできちんとついているお洒落なパンフレット。

とても手が込んでいます。サイズも小さいので観光の時にカバンにしのばせても邪魔になりません。

 

ページをめくれば、日本のマチュピチュと呼ばれる「仙人の棚田」や、樹齢800年で日本一の大ヒノキ「大久保のヒノキ」、桑の木峠から見る「雲海」や、十根川神社の八村杉よりもはるかに高い「天の川」など、まるで写真集のように並んだ豪華なパンフレットは必見です。

羽幌町(北海道)

観光パンフレットには、インターネット情報では探せない、こんなに魅力的な場所があるんだ!と新たな発見があります。

 

例えば、北海道の羽幌町。日本一の甘えびの漁獲量を誇る、日本海に面した町。

ここの一大イベントは、毎年6月下旬に行われる「はぼろ甘エビまつり」!

 

販売される甘エビの量は何と10トン!多彩な甘エビ料理が提供され賑わいます。

 

7月下旬には、羽幌町の島の1つ天売島で「日本一の味覚!天売ウニまつり」が行われます。日本一の品質を自負するウニをはじめ、地元でとれた新鮮な海産物を販売。

 

しかも、どちらのまつりも浜値での販売が嬉しいですね!

こういったお得情報は、地元の自治体や観光協会が作っている観光パンフレットでなければ得られません。

 

もう一つの島「焼尻島」は、まるでスコットランドのような風景の牧草地に羊たちが戯れ、その羊の肉は、銀座の高級レストランが認めた唯一無二のブランドだそう。

 

こういった唯一無二の場所に出会えるのも、地元のパンフレット情報ならではですね。

千曲市(長野県)

表紙をめくると、絶景の棚田!そして次頁は千曲川を挟んだ街の真っ白な雪景色、そして澄んだ空気ならではの夜景のきらめきが美しい街の景色。

 

最初から心奪われる写真集のようなパンフレットです。

 

他にも、ステンドグラスの窓から柔らかな光が降り注ぐレトロな温泉の写真。これを見たら、間違いなくこのお風呂に入りに行きたくなりますね。

蕎麦処、長野ならではの、美味しそうなお蕎麦の写真にも心惹かれます(笑)

実はこのパンフレット、無料アプリをダウンロードして指定箇所にスマホをかざすと、ドローンで撮影された美しい棚田の映像が楽しめるんです。

 

ハイテクパンフレットですね!

 

棚田の風景を見ているだけで、スローな旅に出掛けたくなるから不思議です。

まとめ

観光地に行く前に、事前に無料で現地のパンフレットをお取り寄せできるサービス、「みんたび」をご紹介しました。

 

かかるのは送料だけ!

 

これから旅の行き先を決めたい人にも。行き先が決まっていて、観光の計画を立てたい人にも。

 

現地のパンフレットには、インターネット情報では探せないお得な情報も満載ですから、ぜひ活用して欲しいです。

 

それに、パンフレット自体がまるでフォトブックでも見ているような、上質な紙と魅力的な写真で詰まったものもあります。

 

そんなパンフレットをきっかけに、次の旅先を決めるのも素敵ですね。

 

スポンサーリンク
ハワイとマイルとポイ活を愛する私の旅情報
タイトルとURLをコピーしました