ハワイ旅行

ハワイ長期滞在ならコンドミニアム!簡単予約方法とおすすめサイト Airbnb,HIS,エクスペディアetc

5~6泊までくらいのハワイ旅行ならホテル宿泊が楽しいですが、それ以上だと、テイクアウトや外食ばかりの食事で体がおかしくなりそうですよね。

ハワイに1週間以上滞在するなら、やはりホテルではなく、キッチン付きのお部屋で自炊を交えながら、憧れの「暮らすように過ごすハワイ」を体験してみたい。

ついでに洗濯機がお部屋にあると便利・・・。

なんて思う人も多いはず。でもいざとなるどうやってコンドミニアムって予約するんだろう?と困ってしまいませんか?

そこで、この記事では、私が2週間の予定でハワイに滞在するためのコンドミニアムを比較した予約サイトをご紹介したいと思います!

Airbnb、HISのLealeaなど、今まで使ったことがないサイトばかりでした!

ハワイのコンドミニアム予約前にまず条件を絞ろう!

今回予約したハワイ島のコンドミニアムのお部屋のキッチン。本格的!

初めて長期滞在のコンドミニアムを探すときに結構苦労したのが、膨大にありすぎる物件から、「これだ!」と思える1部屋を探し出すことでした。

コンドミニアムって、運営形態がいろいろあって、意外に自分に合う条件のお部屋を検索するのが難しいんです。

例えば、同じ建物でも、そのコンドミニアムの運営会社が持っているお部屋は、内装や作りがほぼ同じで、違うのは眺望だけ、だったりします。

ですが、厄介なのは、同じコンドミニアム内に、1部屋1部屋別のオーナーが所有しているお部屋もあって、そういうお部屋は内装や設備が1つ1つ全く違う、なんてところも多くて、検索が大変なことなのです。

「あのコンドミニアムのお部屋だから、こんなインテリアよね」なんて思っていたら、個人所有のお部屋で全然自分の趣味に合わない部屋が出てきたり・・・なんてこともあります。

闇雲に検索を開始すると、膨大な数のお部屋から自分の好みの内装を探して・・・となるとものすごく時間がかかります。

なので、検索のコツとしては、まず最初に「これだけは外せない」と言う条件を絞っておくこと!

ただ、あれも欲しい、これも欲しいってあまり条件が多過ぎると、自分の条件に当てはまる部屋数が極端に少な過ぎて、全く比較見当ができなかったりしてしまいますので、塩梅が大切です。

ある程度は広めに条件を設定して、ロケーションなどどうしても外せない条件を残して候補に上がった部屋から、自分の好みではないインテリアのお部屋を消去していく・・・というプロセスが、たくさんあるお部屋から「これ!」と思えるお部屋を探し出すコツです。

ちなみに、今回私が挙げた「外せない条件」は以下ような感じでした。

  • キッチン・・・マストアイテム。毎回外食は考えただけえ胃もたれがしそう(笑)やはり、自分の食べたいものを自分で作って食べるのが健康にも良いですし、キッチンでお料理をして、海の見えるラナイ(バルコニー)で頂く・・・これぞ「暮らすように過ごすハワイ」の醍醐味ですよね!

  • オーシャンビューのバルコニー・・・長期滞在だからこそ、やっぱりお部屋でハワイを感じたいから海が見えるバルコニーは必須。ただし、海の目の前のお部屋は総じてお高め。長期滞在ですから宿代だけでもバカになりません。なので、オーシャンフロントでなくても、少しでも海が見えれば・・・というラインで妥協します。

  • お部屋の中に洗濯乾燥機・・・大抵のコンドミニアムには共有スペースに洗濯・乾燥機がありますが、洗濯を回しに行き、終わる頃を見計らって今度は乾燥機をかけに行き、終わった頃にまた取りに行く、という作業は結構時間を無駄にしますよね。この時間の無駄を省くために、お部屋に洗濯・乾燥機があると便利です。

  • バスタブ・・・やっぱり長期宿泊となると、お風呂にゆっくり浸かりたくなるのが日本人の心情。ただ、ここは、最悪コンドミニアムのプールにホットタブ(温かいジャグジー)があればそれで妥協可能。

最低これだけは!という条件だけピックアップできれば、あとはコンドミニアムが検索できるサイトで、その条件にチェックマークをつけて検索すれば良いので、だいぶ楽にターゲットが絞れてくると思います。

コンドミニアムが検索・予約できるおすすめサイトは?

いつもハワイにいく時は、普通のホテルを公式サイトや宿泊サイトから予約するけれど、コンドミニアムの手配は初めてという方も多いと思います。

私も、どこから予約したら良いのかな?と各コンドミニアムの公式サイトなども見てみたのですが、ホテル並の料金がかかるところが多い印象でした。

せっかくコンドミニアムに泊まるなら、もう少しリーズナブルに泊まりたいですよね。

そこで、見慣れたホテル予約サイトを検索してみたら結構あるものですね、コンドミニアムの物件。今回、コンドミニアムの物件を探したサイトはエクスペディア、Hotels.com、agoda、Booking.com、などです。

上にも書きましたが、同じコンドミニアム内でもそのコンドの運営会社自身が管理しているお部屋と、一般のオーナーが所有している物件を貸し出しているもの(いわゆるバケーションレンタル、バケレン)で全く趣が異なります。

運営会社が管理しているお部屋は、基本みな同じようなデザインや設備のものが複数部屋出ているのですが、一般オーナーが所有している物件は、いわゆる「一点モノ」。同じコンドミニアム内でもお部屋の雰囲気とか置いてある家具、キッチンの設備などが全く違っていたりするんです。

その辺りに注意しながら、気になるお部屋を探してみてくださいね。

ここからは、私が検索に利用した予約サイトのおすすめポイントなどをご紹介したいと思います。

「アパートメントステイ」が探せるagoda

 

agoda(アゴダ)は、海外・国内のホテル・宿を格安で予約できるサイトです。なんと、世界中で75万軒以上のホテルを最大75%OFFで取り扱っていて、旅慣れている人には使ったことがある人も多いと思います。

コンドミニアムを予約するのにagodaがおすすめな理由は、絞り込みの画面で「アパートメント」とか「一軒家」と言うボタンがあるんです。そこをクリックするとコンドミニアムばかりが出て来る機能があるので、普通のホテルと混同することなく検索ができて便利でした。

使い慣れているので安心のエクスペディア

 

エクスペディアは、私自身、仕事で出張先のホテルを予約したりと、プライベートも含めて何度も利用したことがあり、今まで特にトラブルなく使えていたので安心感があるホテル予約サイトです。

エクスペディアのおすすめポイントも、やはりコンドミニアムやバケーションホームなど、カテゴリーを細かく設定できることと、扱っている物件が多いので、かなり細かく絞っても、候補がたくさん出てくるところでした。

一つ難点をあげるとすれば、出てきた結果の物件名が、英語の日本語直訳のため、変な物件名になっていて分かりにくいことでしょうか(笑)

でも、意味は通じますので、そこまで不便はないと思います。

バケーションレンタルのボタンで検索可能「Hotel.com」

 

Hotels.comは、テレビCMでも放映されているので、聞き覚えのある方も多いはず。

検索画面の宿泊施設のタイプを選択するところに、「バケーションレンタル」という項目があるので、バケレン施設を探すのが楽ちん。

検索結果画面もすっきりしていてみやすく、私的には結構検索しやすいサイトでお気に入りです。また、キャンセル料が無料のお部屋が多いのも魅力的ですよ。

日本のサイトで安心のHIS「LeaLeaバケーションレンタル」

海外拠点のホテル予約サイトに抵抗がある方は、HISハワイが運営している、バケーションレンタルの予約代行サイト「LeaLeaバケーションレンタル」がおすすめです。

日本語の綺麗なサイトで探せますし、おすすめなのは建物名で検索ができること。

ロケーションもコンドミニアムの雰囲気もわかっているので、その建物内で部屋を探したいことってありますよね。例えば、「イリカイアパートでオーシャンビューの部屋を探したい」など。

そんな時は、直接「イリカイアパート」で検索すれば、その建物内で予約可能なお部屋が出てくるので、手っ取り早く探せます。

それとポイントが高いのが、HISのサイトなので、予約した後の安心感があることです。現地でもチェックイン担当者がつくので、英語でのやりとりの心配がありません。その代わり、予約代行サイトのため「LeaLeaバケーションのサイト運営費」という手数料がかかり、トータルコストが他サイトより少し割高になってしまうのがデメリットだと思います。

バケーションレンタルの物件がたくさん!写真も綺麗、口コミも多くてお部屋を選ぶのが楽しい「Airbnb」

最後に、噂には聞いていたけど今まで使ったことがないAirbnbの扉を開いてみることにしました。言わずと知れた、バケーションレンタル専門の予約サイトです。

バケーションレンタル。今まで興味はあったものの、使う機会がなかった未知の世界。バケーションレンタルを予約するにあたり、一番心配なのは、ホストとうまくコミュニケーションが取れるのか?だと思います。

たまに聞くのが、現地に到着して玄関ドアが開かずにお部屋に入れず、ホストとも連絡が取れずに困った、とか、お部屋の設備か壊れたのに対応してもらえなかったとか。

そんなことになったら、せっかくのバケーションが水の泡ですね。ホテルじゃないので、そういう時に助けてくれる人がいないのがとても心配です。

ですが、Airbnbのいいところは、「スーパーホスト」制度があって、スーパーホストの物件にはサイトの目立つところに「スーパーホスト」と書かれているのです。なのでいい加減なホストが管理する物件を避けることが出来ます。ちなみに、スーパーホストになるには、以下のような条件をクリアしないといけないそうです。

  • 宿泊10件以上の受け入れ実績、OR予約3件・計100泊以上の受け入れ実績
  • 返答率は90%以上をキープ
  • 総合評価4.8つ星以上をキープ(退出日ではなく投稿日をもとに過去365日間のゲストによるレビューを集計) など。

この返答率が90%以上というところに惹かれました。現地で困ったことや疑問があればほぼ確実にお返事をもらえると言う安心感があれば、Airbnbで予約しても問題ないですよね。

 

スーパーホストからの返信は本当に早い!!

最終的に、この時私はAirbnbでコンドミニアムを予約したのですが、この時予約した物件のスーパーホストさんからのお返事はいつも早くてとてもびっくりしました。

予約の申し込みをし、メッセージを送ったら1時間もしない内に返信が来ていました。Aribnbで予約した場合、48時間以内はキャンセル無料ですので、もし返事が遅かったらキャンセルしちゃおうかな・・・と密かに思っていたのですが、全く問題なし!

英語でのやり取りになりますが、メッセージは日本語で送っても先方では自動的に英語で読めるようになっているようなので心配なさそうです。

 

Airbnbのデメリット

Airbnbの不便な点を挙げるとすれば、キャンセル料が結構高いことです。

支払いは、予約時に全額、もしくは一部の代金をクレジットカードで支払います。(予約後48時間以内は無料でキャンセルができます(全額返金))

一部のみ支払った場合は、宿泊日が近づいて来た時点で、2回目の代金が同じカードから引き落とされます。

キャンセル料については、宿泊の1週間前までのキャンセルは、手数料を除いた半額が返還されます。それ以降のキャンセルは清掃料金のみの返金です。

普通のホテルだと、1週間前なら無料でキャンセルできるところも多い中、1週間前で半額しか戻ってこないのは結構きついですよね。

なので、予定変更の可能性がある人にはちょっと厳しい条件かもしれませんので、エクスペディアなどでキャンセルポリシーが緩い物件を予約した方がいいかもしれません。

ちなみに、Airbnbが初めての方は、下記URLからの紹介で予約すると割引があります。よろければ、初めての方はぜひ使ってくださいね。

 

Airbnbに初めて登録する方の紹介割引はこちら

ハワイ長期滞在ならコンドミニアム!簡単予約方法とおすすめサイトまとめ

今回私が初めてハワイ長期滞在のため、コンドミニアムに泊まってみたいけど、どこで予約をするのが便利で安いのだろう・・・と、ふと困ってしまったので、実際にお部屋を検索するのに利用した、コンドミニアムの検索・予約が可能なサイトをご紹介しました。

これから初めて長期ステイのお部屋を探して予約しようと思っている方のご参考になれば幸いです。

 

※この時Airbnbで予約したハワイ島のコンドミニアムは、新型コロナのためにキャンセルになりました。AirbnbのCovid-19に関する特別ルールで、全額返金対応でキャンセルすることができましたことを付け加えておきます。

ハワイとマイルとポイ活を愛する私の旅情報
タイトルとURLをコピーしました