マリオットボンヴィ

イラフSUIに5泊無料!の宿泊記ブログ お部屋・スパ・シャンパンサービスの口コミや宮古島おすすめスポットもご紹介!

2021年12月、SPGアメックスで貯めたマリオットポイントで、宮古島最高級クラスのホテル「イラフSUI」に、なんと5泊も無料で泊まってきました。

このブログは、イラフSUIの宿泊記レポートです。

  • イラフSUIのお部屋
  • イラフSUIのスパ(エステ)
  • イラフSUIの朝食
  • イラフSUIのおすすめ無料サービス(アクティビティ )

などについてレビューします。

また、今回巡った宮古島の絶対行くべき絶景スポットや、おすすめグルメもご紹介しますので、これから宮古島へ行かれる方の旅のご参考になれば幸いです。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古の概要

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古(以降、イラフSUI)は、宮古島から伊良部大橋を渡った伊良部島の南側、サンゴ礁のビーチに面した海岸線に位置します。

宮古空港からは車で約20分、下地島空港からはたったの10分とアクセスもよく、伊良部島の美しい海や緑豊かな自然の中に佇む、静かなリゾートホテルです。

客室は計58室で、大きすぎず小さすぎず、スタッフの目がゲストの一人一人に届き、居心地のいい滞在が楽しめます。

車を降り、重厚なエントランスの扉が開くと同時に広がる、オーシャンブルーの開放的な眺望は、何度通っても感動ものです。

イラフSUIはマリオットグループ!今回利用したポイント数は?

イラフSUIは世界的なホテルグループである、マリオットグループに所属し、そのカテゴリーは最上級であるカテゴリー8です。

(ちなみに、2022年3月下旬にマリオットグループのカテゴリー制度は廃止されています)

今回私がこのイラフSUIに無料宿泊した時に使用したポイントは、全部で280,000ポイント。1泊あたり7万ポイントで、4連泊すると5泊目は無料になります。

イラフSUI無料宿泊時に使用したポイントは28万ポイント(5泊)

今回、5泊ともポイントで予約できましたので、こんな高級ホテルに連泊しても、ホテル代は0円!SPGアメックスカードを持つ前でしたら、考えられないことです。

ちなみに、往復のANAも貯めたマイルで取りましたので、飛行機代も無料です♪

高級ホテルに無料で泊まれるうれしいSPGアメックスカードとは?

SPGアメックスカードは2022/2/24より新しく「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」に生まれ変わりました!

これによりSPGアメックスカードは段階的になくなり、現会員は「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」へ自動的に移行になります。

詳しくは下記の記事にまとめましたのでご覧くださいね。

マリオットボンヴォイアメックスについての記事はこちら

 

こちらのカード、入会したいけどお近くにマリオットボンヴォイアメックスカード所有者のお知り合いがいない方は、私からご紹介することも可能です。

下記のお問い合わせフォームにお気軽にご連絡くださいね。

 

マリオットボンヴォイアメックスに入会をお考えの方へ

公式サイトからの入会よりも、もらえるボーナスポイントが
多い既存会員からの紹介入会がお得です。

お近くに紹介を頼める方がいない方は、
下記からリクエスト下さいませ。

 

\紹介リンク・営業担当ご紹介どちらも可能です/

マリオットアメックスご紹介希望の方はここをクリック
▲すぐに折り返しご連絡差し上げます!▲

 

お気軽にどうぞ!

当サイトからのご返信メール(hawaii.hula.net@gmail.comより送信)が
しばらく経っても届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
また、確実に当方からのメールをご受信頂くために、
下記ページをご参照の上、迷惑メールフォルダに振り分けられない
設定をされることをおすすめいたします。(1~3分で終わる簡単な設定です)
▼ ▼

このサイトでは、ちょくちょくSPGアメックスカードの魅力について触れていますが、私がこのカードを発行したのは、2020年3月です。

 

2022年1月時点で、これまで貯めたマリオットポイントの 累計は128万ポイントほどになります。そして、貯めたマリオットポイント& SPGアメックス更新特典で、 今まで下記のホテルに無料宿泊しました(予約完了してこれから宿泊予定のも含む)。

 

  • 2020年7月 リッツカールトン日光(6万ポイント)
  • 2021年9月 リッツカールトン日光(5万ポイント)
  • 2021年12月 イラフSUI 宮古島(5泊で28万ポイント)
  • 2022年7月 リッツカールトンワイキキ予約中(5泊で40万ポイント)

 

ここまでで79万ポイントで、今現在、アカウントには約492,000ポイントが残っています。

SPGアメックスのポイントはあらゆる航空会社のマイルにも交換可能

このように、SPGアメックスで貯めたポイントは、マリオットグループの高級ホテルに無料で宿泊して楽しむことができる他、航空会社のマイルにも交換できるのがSPGアメックスの最大の魅力です。

マリオットポイントを例えばANAマイルに交換する場合、6万マイルごとの交換で25,000マイルになります。

 

つまり、仮に、今まで貯めた120万ポイントをANAマイルに交換していたら、500,000マイルになっていたことになります。

 

50万マイルがどんなにすごいかと言うと、東京⇆ホノルルで言うと、

 

  • ファーストクラス=4往復分(L、Rシーズン)
  • ビジネスクラス=8往復分(Lシーズン)、7往復分(Rシーズン)
  • エコノミークラス=14往復分(Lシーズン)、12往復分(Rシーズン)

 

も、無料で行ける分のマイルになるんです。

ちなみに、沖縄のレギュラーシーズンは往復18,000マイルなので、50万マイルあれば27往復分です。もし4人家族なら6回分、沖縄に無料で飛べる計算ですね♪

※ANAマイルのシーズン・必要マイルチャートはこちら

 

SPGアメックスは、ANAだけでなくJALをはじめ、世界中のメジャーな航空会社のマイルにポイントを交換できます。

ホテルも飛行機も無料で旅行に行けちゃうこれが、私がSPGアメックスを旅好きな人におすすめする理由です。

イラフSUI感動的なエントランスからロビーへのアプローチ

では、いよいよイラフSUIの宿泊レポートに入りたいと思います!

イラフSUIに到着すると、まずこのエントランスのドアが開いた時の感動的な景色に圧倒されます。

ドアが開くと飛び込んでくる、真っ青な世界は、こちらのYouTubeに動画で載せていますので、ぜひ見てみてくださいね。(クリックするとちょうどエントランスから入るところから始まります。)

ロビーへのドアが開くと、目の前にはプール越しに真っ青な海が水平線いっぱいまで広がっています。

この景色は、何度通っても、その度に「わぁ〜〜」って言ってしまうほど、綺麗です。

動画が見れない方はこちらの写真をどうぞ

イラフSUIロビーとチェックイン時のウェルカムドリンク

イラフSUIのロビーには、珍しい真っ青なシーサーがいたり、たくさんの観葉植物に囲まれ、こじんまりとしながらも、あたたかな雰囲気が溢れた空間です。

ラグジュアリーコレクションと謳っていますが、ラグジュアリーな高級感というより、落ち着いたおしゃれなリゾートのイメージでしょうか。

 

チェックイン時のウェルカムドリンクは、ハーブウォーター。

初日、私たちが到着した時は、すでに18時頃だったため、ロビーもやさしい灯りがともって、よりロマンティックな雰囲気でした。ハーブウォーターは、シンプルにお水とハーブ、という感じで乾いた喉をすっきり潤してくれます。ただ、甘味は全くないので、苦手な人はもしかしたら飲めないかも?という感じもしました。

滞在時は、コロナ対策としてお部屋へのご案内はなく、自分達で部屋まで向かいました。(もちろん、荷物だけは先にお部屋に届けて頂けます。)

イラフSUIのお部屋(アッパーオーシャンビュー)

それでは、いよいよイラフSUIのお部屋のご紹介をしたいと思います。

今回アサインされたお部屋は、アッパーオーシャンビューのカテゴリー。

【オーシャンビュー】→【アッパーオーシャンビュー】→【ガーデンジュニアスイート】・・・と続きますが、SPGアメックス保有で付与されるゴールドエリート資格でのアップグレードの特典は、「スイートを除くより良いお部屋」。

ですので、無料でアップグレードされるのはアッパーオーシャンビューまで。今回はオーシャンビューと同じポイント数で、アッパーオーシャンビューのお部屋が予約できた、という形になります。

ちなみに、1泊だけでもちょっと気になるプール付きのガーデンジュニアスイートにアップグレードしようか迷ったのですが、現地でスタッフの方にご相談したところ、この時期はお部屋のプールも利用不可、とのこと。プールが使えないのにプール付きのお部屋にアップグレードするのももったいないので、やめました。

何より、通常のお部屋でもかなり広々としていますので、5泊しても狭苦しさは感じない十分な広さがあります。

イラフSUIのお部屋は43平米と広々!

今回のお部屋は、海から向かって右手側にある棟の最上階4階でした。

目の前はすぐ海。遮るものがないので、座った状態で窓の外を眺めると、海しか目に入らず、まるでクルーズ船に乗って旅をしているような錯覚にも陥ります。

ちなみに今回、コロナ対応でお部屋のクリーニングをしてもらえる日が3日に1回だけだったので、常にベッドの上がぐちゃぐちゃの状態でした(涙)

ゴミ回収とアメニティやバスタオルの補充は毎日して頂けますが、お掃除とベッドメイキングも3日に1回だけだったんです。

 

よって、お部屋が綺麗な状態で写真が撮れたのが、初日の、夜にチェックインしたがゆえに薄暗い写真だけなのです・・・(><)(上の写真は、自分で布団をできるだけ整えた状態で撮ったものですが、やはりプロの方にベッドメイキングして頂いた状態とは全く違いますね。。)

窓を背にしてお部屋を撮ると、こんな感じ↓。お風呂がガラス張りですが、ちゃんとブラインドもありますのでご心配なく。

カーテンのブルーのグラデーションや、クションカバーもブルー系で統一されていて、とても好みです。我が家のインテリアも真似したい♪

たまたまこのタイプのお部屋がそうだったのかわかりませんが、クローゼットにドアがないタイプだったので、ずっとこの状態だったのがちょっと気になりました。

やはり、クローゼットはドアを閉めてゴチャゴチャの中が見えない状態で過ごしたいですね。

イラフSUIお部屋・・・バスルームとアメニティ

続いて、バスルームを見てみましょう。広々と申し分のない広さで、タオルなどもふんだんに置いてあります。クリーニングは3日に1度でしたが、アメニティやタオルの交換、ゴミ箱回収は毎日ありました。

バスルームからの昼間の景色も、ベッドメイキングをして頂いた日の昼間に撮りそびれたので、HPからお借りしています。まさにこんな感じの景色で、海しか見えないので、クルーズ船に乗っているような気分になりました。

バスアメニティはBYREDOのシャンプー、コンディショナー、ボディーシャンプー、ローションにソープもありました。

ちなみに、BYREDOは2006年にウェーデンのストックホルムで誕生したフレグランスブランド。厳選した上質な原料を使って製造された商品は、今は香水に限らず、キャンドル、ボディローション、シャワージェル、ボディクリーム、クラシックソープなども展開されています。

このアメニティの香りは、私個人的にはかなり甘めでスパイシーな感じ。後から残る香りが、なんとなくロクシタンのファイブハーブスのシャンプーに似ているような・・・。

他に、こちらのアメニティボックスに、必要なものは揃っています。特に、日焼け止めクリームは嬉しい!(宮古島は12月でもしっかり日焼けしますので、注意です。。。)

ドライヤー。最近、高級ホテルに泊まった時の密かな楽しみが、高級ドライヤーなので、これはちょっと期待外れ。

おトイレ。静かで落ち着きます(笑)

シャワーの水圧は、ギリギリOKかな。弱くはないけれど決して強くもなく、普通に使うには問題ない強さです。

何気に気に入ったのがバスタオル。大きいサイズのバスタオルがとってもふかふかで、タオルドライした後はあっという間に髪が乾くので楽ちんでした。

イラフSUI 冷蔵庫やウェルカムスウィーツは?

イラフSUIのお部屋で出迎えてくれた、素敵なウェルカムスウィーツ。ドライパイナップルに、ちんすこうに、おしゃれなエメラルドのようなチョコレート。

2人なのに3つずつなのがいいですねw

6日間、ずっとテーブルに置いてあったのですが、常にお腹がいっぱいでなかなかチョコレートに手がつけられず、結局最後の1個がどうしても食べれなくて、残してきてしまいました。。。どうして旅先って、いつもお腹がいっぱいなんでしょう!

 

ネスプレッソが4つ、TWGは4種類x2袋ずつも!毎日たくさんお茶をいただけました。なくなると毎日補充して頂けます。(クリーニングがない日も、ここの補充はありました。)

冷蔵庫の中はこんな感じ。マリオットのプラチナエリートの方は、この冷蔵庫の中も無料になるようです。(その代わり、イラフSUIにはラウンジがないです。)

イラフSUIプールと無料でシャンパンが頂けるサンセットディライト

イラフSUIのプールは、このように目の前に海しか見えない絶景の素晴らしいロケーションです。残念ながら営業は4月1日~11月30日までで、私たちが滞在した12月はプールは利用できませんでしたが、デッキチェアに座ってのんびりするだけでも癒される空間です。

プールの左手に見えるガラス張りのスペースは、レストラン「TIN’IN」。

プールを右手方向に見ると、白い砂浜が見えますね。こちらは、伊良部島でも屈指の美しいビーチ、「渡口の浜」です。イラフSUIからも車で5分、運動を兼ねてお散歩がてら歩いても行けなくはない距離です。とてもきれいなビーチでしたので、ぜひ行かれてみてくださいね。

プールの下には、「ビーチクラブ」というスペースがあり、ガゼボやデイベッド、ファイヤープレイスなどが用意されていて、のんびりと寛ぐことができます。

プールサイドよりも海が近いビーチクラブなので、ここから眺める海は圧巻です。とりわけ、夕日の時間は本当にロマンティック。

イラフSUIでは、そんなロマンティックなサンセットタイムをさらに盛り上げてくれるイベントが毎日開催されています。

それは、「サンセットディライト」。毎日、サンセットタイムの1時間、プールサイドやロビー、ビーチクラブでシャンパンのフリーフローとおつまみが提供されるのです。

おつまみは、ゴーヤチップスとオリーブ&トマト&チーズをオリーブオイル漬けにしたものの2種類。たまにスタッフがシャンパンやおつまみのお替わりを持ってきてくださいます。(お酒が苦手な私は、ノンアルコールのスパークリングを頂きました。)

今回の滞在中、3日目と5日目の夕方にこのサンセットディライトに参加させて頂きましたが、沈み行く夕日を眺めながら、1日の終わりをゆったりと過ごすスロータイムは、リゾートならではの贅沢な時間です。ぜひ滞在中のスケジュールが合う方は参加なさってみてくださいね。

イラフSUIおすすめ無料アクティビティ

公式サイトより画像お借りしています。

イラフSUIの無料で楽しめるイベントは他にもあります。

例えば、朝ヨガ。日の出に合わせて時間は変動しますが、例えば冬のこの時期なら7:30頃から30分、ビーチクラブにて、癒しの波の音と清々しい朝の空気に囲まれてヨガを楽しみながら、1日をスタートすることができます。

 

またもう一つおすすめの無料アクティビティはバスソルト作り。

毎日14:00-16:00の間、エントランス入ってすぐ右側のテーブルの上に、沖縄の雪塩や岩塩、伊良部島で撮れたハーブなどが用意されています。

各種自分の好みで混ぜ合わせて、ハーブのバスソルトが作れるので、お部屋のお風呂で使ったり、お土産に持ち帰って自宅のお風呂で宮古島の思い出に浸っても良いかも・・・!?

イラフSUI「SUI SPA」のフェイシャルエステの効果は?

イラフSUIでは、「SUI SPA」で東洋医学の「心身一如(心と身体は一体)」の考え方からインスピレーションを受けた、心と身体の調和と持続性を重視したスパメニューが受けられます。

今回私は、顔のたるみとくすみ、ほうれい線がずっと気になっていたので、事前にコンシェジュルの方にメールで相談し、フェイシャルメニューの「快 KAI リカバリー」を予約しました。

 

「快 KAI リカバリー 活性」

肌の細胞を回復し活性化させるフェイシャルトリートメント。アマゾンの熱帯雨林から抽出されたパワフルなオイルブレンドを使用し、肌細胞を活性化いたします。リンパドレナージュやリンパポイントへのハーブボール、そしてアマゾン由来のマッドマスクは、むくみを解消し、コラーゲンの生成を促します。ホルモンバランスを崩した肌を再生するトリートメントです。

60分 ¥25,410

 

エステの予約をすると、20分ほど前にお部屋までスタッフが迎えに来てくれます。それまでにメイクを落とした状態で準備をして待ちます。

私は、エステが終わった後、そのまま眠ってしまいたかったので、最終の21時からの予約をお願いし、お風呂も済ませた状態で向かいました。

今回私が案内されたSUI SPAは、中の作りは通常のお部屋と同じのようです。

バスルームに着替えが用意されており、そちらでチュニックとリラックスパンツに着替えてフェイシャルマッサージのスタートです。

このマッサージですが、決して強くはなく、程よい力加減の気持ちの良いマッサージだったのですが、終わってみて自分の顔を鏡で見てびっくり。

気になっていた、アゴが二重になってゴワゴワしてる部分や顔全体の緩んだたるみ、クマ、くすみが目に見えて改善して、おお〜〜!スッキリ〜〜!って思わず口に出てしまうほど変わっていました。

こんなエステ、毎月2回くらい受けられたら、若返るだろうな〜という感じ。

施術後は、温かいハーブティーを頂きます。リラックス効果もあるハーブが入っているということで、この後部屋に戻って、そのままぐっすり休むことができました。

他にも、ボディーメニューやリフレクソロジーなどもありますので、お疲れの方はぜひトライしてみてください。

ちなみに、SUI SPAのメニューは、 マリオットのゴールドエリートによる割引はありませんでした。

代わりに、この時期ちょうどSPGアメックスのキャンペーンで、対象のホテルで5万円以上カードを利用すると1万円キャッシュバックというのをやっていて、今回の滞在と9月のリッツカールトン日光の食事で利用した合計が5万円を超えていたので、1万円キャッシュバックを頂きました。

考えようによっては、1万円引きでエステが受けられた、と思うとお得ですね♪

イラフSUIの朝食はゴールドエリート特典でお得に頂けます!

2022年6月末をもってエリート会員資格に応じたレストラン割引は終了となります。

代わって、2022/7/1~2022/12/31まで、

・マリオットボンヴォイアメックカードス保有で10%割引、
・マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード保有で15%割引

を受けられます。

 

次に、イラフSUIの朝食をご紹介したいと思います。

朝食は、ゴールドエリートメンバーの特典で、15%の割引になりますのでお得にいただけます。

場所は、ロビーのお隣にあるガラス張りの海に面した絶景レストラン「TIN’IN」にて。

こんな景色の中で頂く朝食、美味しいに決まってますね♪(この写真は、朝食タイムが終わる頃に撮ったものです。)

朝食は、サラダとドリンクとフルーツがビュッフェになっていて、ジュースはこちらの3種類。夏はマンゴージュースもあるようで、それが美味しいと口コミにあったので楽しみにしていたのですが、やはりこの時期はマンゴージュースはありませんでした。でも、真ん中のグァヴァジュースも美味しかったです。

サラダはこの1種類のみ。フルーツはスイカとメロンとパイナップル。正直、もう少しこの辺の種類が多くても良いかなという印象です。

朝食は、和食と洋食が選べ、こちらが私がチョイスした洋食です。卵は、オムレツなどもありますが、エッグベネディクトが久々に食べたくて、こちらをオーダー。

和食はこちらです。お魚が柔らかくて美味しかった!

ちなみに、手前にある前菜の小鉢&ヨーグルトは、和食も洋食も共通で運ばれてきます。そしてこの小鉢、おかわりも自由です。

今回、私たちは最終日の6日目の朝だけホテルで朝食を頂いたのですが、ゴールドエリートの特典でチェックアウトを14時にして頂いていたので、のんび〜りゆっくりと、朝食タイムを楽しませて頂きました。

今回訪れた宮古島絶対行くべきおすすめスポット!

以上がイラフSUIのレポートになりますが、まとめの前におまけを少々・・・。

今回の宮古島旅行は、5泊6日とゆったりしたスケジュールでしたので、12年ほど前に初めて宮古島に行った時に巡れなかったスポットを、たくさん回ることができました。

ここでは、さくっとになりますが、おすすめスポットをさわりだけお伝えしたいと思います。詳しくはまた、別の記事にまとめる予定です。

 

また、一足先に、YouTubeで今回巡ったスポットを時系列で記録してありますので、よかったらぜひ、宮古島旅行の参考になさってみてくださいね。

宮古島のおすすめ絶景スポット!

今回の宮古島旅で訪れた、宮古島の絶景スポットをダイジェストでご紹介します。

一つ一つをもう少し詳しくまとめたこちらの記事も合わせてぜひご覧くださいね。

伊良部島には、断崖絶壁から望む、伊良部ブルーの素晴らしいスポットがあります。

中には立ち入り禁止の危ないポイントもありますが、こちらの「フナウサギバナタ」は、柵もあり、駐車場も完備しているので、安全に絶景が楽しめます。子供やお年寄り、高所恐怖症の方はこちらから絶景を楽しんでくださいね。

こちらは今は、立ち入り禁止になってしまっているとあるポイント。一歩間違えると、崖の下に真っ逆さま〜〜ですので、自己責任でお願いします。ちなみに、海の色が変わるところにある茶色い物体、最初は岩かと思っていたのですが、後から知ったのですが、座礁船らしいです・・・!

さらに道なりに進むと、もう一つ断崖絶壁の絶景ポイントがあります。こちらも今は、立ち入り禁止になってしまっているので、大っぴらには名前が出せないのですが・・・個人的には、ここが一番絶景だと思いました!とにかくこの海の色と迫力・・・

ちなみに、上の2箇所は、この崖にたどり着くまでに、車を止めてケモノ道のようなところに入り、南国の植物が生い茂るジャングルのような道を5分ほど歩かなければなりません。立入禁止なので、あくまでも自己責任でお願いいたします。

 

変わってこちらは、東平安名崎。大きな灯台があるスポットです。

こちらは、比嘉ロードパークからの眺め。ここも絶景でした。

こちらは、池間大橋を渡る手前にあるパーキングからの眺めです。ここの海の色は本当に「天国の海ってこんなかんじ?」と思わせるような色で、滞在中2度も見に行ってしまいました。

そして、絶対おすすめなのが下地島空港の17エンド!美しい海の上、頭上を旅客機が着陸していく様子が見れて、ど迫力!

17エンドの先端まで歩く遊歩道も、見ていて飽きない宮古ブルーの海を満喫できます。

宮古島のおすすめビーチスポット

次に、宮古島のおすすめビーチです。

 

まずは、何と言っても、東洋一のビーチと言われる、与那覇前浜ビーチ!行ってみれば、東洋一が言い過ぎではない、と納得するはずです!?

そして、イラフSUIからも見えた、渡口の浜。眩しいほどの白砂のビーチで、綺麗な珊瑚のカケラや貝殻も拾えます。お散歩にもぴったり。

イムギャーマリンガーデンは、夏だったらすぐに飛び込みたくなってしまいそうなマリンスポット。

砂山ビーチの海のグラデーションは、まるで絵に描いたような美しさですね。

伊良部島の佐和田の浜も静かで落ち着くビーチ。後ろに見える岩は、昔の津波で流されてきたものらしいです。

池間島一周ドライブ中に見つけた、名前がわからないビーチ。地図で後から調べたら、多分「フナスクビーチ」です。こんなに曇っていてもこの綺麗なブルー、晴れていたらどんだけ綺麗なんでしょうか。

最後におまけで、伊良部島の中の島海岸。岩やゴツゴツした石が多いビーチなので、子連れの海水浴には向きませんが、ここはスノーケルスポットのようで、この日も潜っているグループがあちこちに見えました。水もとっても綺麗で、ため息が出ます。

夏だったら、どこのビーチで1日過ごそうか、迷いますね!ぜひ、お気に入りのビーチを探してみてくださいね。

おすすめグルメ

次に、今回の宮古島旅で頂いたグルメで、おすすめのスポットをご紹介します。(宮古そばのお店は別途まとめますね。)

また、宮古島のおすすめグルメスポットについてはこちらの記事でもっと詳しくレポートしていますので、よろしければご覧になってみてください。

まずは、Doug’s Burgerのハンバーガー。ジューシーでボリュームもあって美味しい!

グランブルーギャマンは、東京のオーギャマンTOKIOのシェフが宮古島にオープンしたレストラン。ホテルのディナーにするかこちらにするか迷いましたが、グランブルーにして大正解!と思える素敵なディナーを頂けました。

Viva 45°のブリトーも美味しかった〜♪さくっとカジュアルに済ませたいときにもおすすめ。

池間大橋の手前、西平安名崎の駐車場に突如現れる、ハワイのような空間・・・スクールバスのフードトラックで頂けるのは、プリップリのエビが美味しい、ガーリックシュリンプ!

おすすめスウィーツ&カフェ

今回の宮古島旅では、美味しいスウィーツとの出会いもたくさんありました。

 

まずは、インスタで見かけて気になっていた、「果実家」さんのフルーツクロワッサン。サックサックパリパリのクロワッサンに美味しい生クリーム&フルーツの酸味がたまらない!

イラフSUIからも程近い、宿も併設する「ソラニワカフェ」では、罪悪感なしで食べれる島豆腐のティラミスと、イチジクのタルト。ここは晴れていたら眺めも絶景のカフェです。

伊良部島の小さな小さなお店「なかゆくい」商店の紅芋サーターアンダギーは絶品!!滞在中、3度も買いに行き、1度目はブルーシールのサトウキビアイスをトッピングしてもらいました。外はカリッと、中はモチモチ&フワフワの食感は、私の中での過去一サーターアンダーギーです。(ただし、胃もたれしちゃうので1個しか食べれないのが残念。。。涙)

すくばりテラスのフローズンマンゴーは、やさしいマンゴーの風味でさっぱりとした味わい。これ、個人的にはかなり好き。

ユートピアファームのマンゴーパフェも見た目も綺麗で美味しかった!この時期は冷凍もののようですが、それでも甘くて美味しい!

番外編でうず巻きパン。初日に島の駅みやこで買ったのが美味しくて、最後に空港で買って機内でコーヒーと頂きました。素朴でなんてことないパンなんだけど、その素朴さが病みつきになる感じw

冬はマンゴー系は食べれないかな?と思ったけれど、美味しいマンゴースウィーツに出会えてよかったです。他のスウィーツも、全部おすすめ!

おすすめ宮古そば

さて、今回私たちは、夫婦揃って大の沖縄そば好きでもあるので、滞在中のランチは「宮古そば」を食べ歩こうと決めていました。

今回訪れた5つのお店、全てハズレなしで、どこもお店独自のユニークさがあって、本当に甲乙つけがたいお店です。

宮古そば屋さんについては、こちらの記事でもっと詳しくレポートしていますので、ぜひご覧ください。

まず初日に、空港からホテルに行く前に訪れたのが、「福屋」さん。ガス欠ならぬ「沖縄そば欠」を起こしていた身体に染み渡るスープがたまりません!それに、このソーキの量!軟骨ソーキで、骨からスルスルっと剥がれるソーキが柔らかくて絶品。

2日目は「にいまそば」さん。こちらもインスタで見つけたのですが、沖縄そばにしては珍しい、自家製のちぢれ麺が気になり行ってみました。シンプルだけど、出汁が聞いていて、縮れ麺によく絡んで美味しい〜〜!

3日目は、伊良部島の名店、「伊良部そば かめ」さんの「かめそば」。ゆし豆腐、三枚肉、軟骨ソーキが揃った贅沢なそばです。かまぼこも入っていたよ。

4日目は、前日の夜にグランブルーギャマンのシェフもおすすめしてくださった、皆愛屋さん。元々お豆腐屋さんだったらしく、ゆし豆腐がたっぷり入ったそばが最高にやさしい〜〜♪

5日目は、中休味商店さんの鶏ソーキそば。珍しい、鶏白湯スープなのですがこれが沖縄そばの麺に合う〜!サービスでついてくるご飯にも合うスープで、これも美味しかったなぁ。

6日目は、ホテルで朝食を頂いてしまったので、お昼にお腹が減らず、最後の締めの宮古そばを食べられなかったのが残念・・・

こんなの毎日宮古そばで飽きなかったかって??

いやいや、全然です。帰ってきた次の日に「あ〜、沖縄そば食べたい」って言ってましたから・・・。

これだけ厳選して訪れたお店ですが実はまだまだ気になる宮古そばのお店がたくさんあるので、次回リベンジしたいと思います!

 

また、おすすめスポットについては、追ってもっと詳しい情報を別記事でまとめる予定ですので、記事が完成次第、ご案内させて頂きます。

イラフSUIポイントで無料で5泊!宿泊ブログ&感想まとめ

2021年12月に、マリオットポイントで5泊無料宿泊したイラフSUIの宿泊ブログや感想レビューをお届けしました。

合わせて、宮古島旅で訪れたおすすめスポット(グルメ、ビーチ、絶景ポイントなど)もまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

先にも書いた通り、今回の宮古島旅行は、高級ホテルに泊まりながらもマリオットポイントで宿泊代は0円、羽田⇄宮古島の飛行機もマイルで取りましたので2名分が無料です。

これ、実際に自腹を切って払ったとすると、ホテル代が1泊5万円以上ですので25万円。飛行機は割引運賃や格安航空券のサイトを使って予約しても、1人5~6万円はしますので2人で10~12万円。

合わせたら、ホテル&飛行機だけでも37万円ほど浮かせることができた計算になります。

ホテルも飛行機も無料で行けるポイントが貯まるSPGアメックスカードは、2022年2月末に「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」に移行することが決まりました。

 

\詳しくはこちらの記事もどうぞ/

年会費が上がりますが、今回は別記事でも書いた通り、2022年1月よりマリオットボンヴォイのプラチナエリートに昇格させてもらったことですし、もう少しSPGアメックス(の後継のマリオットボンヴォイプレミアム)を保有してみようかな、と思っています。

SPGアメックスカードは2022/2/24より新しく「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」に生まれ変わりました!

これによりSPGアメックスカードは段階的になくなり、現会員は「マリオットボンヴォイアメックスプレミアム」へ自動的に移行になります。

詳しくは下記の記事にまとめましたのでご覧くださいね。

マリオットボンヴォイアメックスについての記事はこちら

 

こちらのカード、入会したいけどお近くにマリオットボンヴォイアメックスカード所有者のお知り合いがいない方は、私からご紹介することも可能です。

下記のお問い合わせフォームにお気軽にご連絡くださいね。

 

マリオットボンヴォイアメックスに入会をお考えの方へ

公式サイトからの入会よりも、もらえるボーナスポイントが
多い既存会員からの紹介入会がお得です。

お近くに紹介を頼める方がいない方は、
下記からリクエスト下さいませ。

 

\紹介リンク・営業担当ご紹介どちらも可能です/

マリオットアメックスご紹介希望の方はここをクリック
▲すぐに折り返しご連絡差し上げます!▲

 

お気軽にどうぞ!

当サイトからのご返信メール(hawaii.hula.net@gmail.comより送信)が
しばらく経っても届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
また、確実に当方からのメールをご受信頂くために、
下記ページをご参照の上、迷惑メールフォルダに振り分けられない
設定をされることをおすすめいたします。(1~3分で終わる簡単な設定です)
▼ ▼

タイトルとURLをコピーしました